こんにちは!
愛媛県にある髪質改善に力を入れている美容室boappu(ボアップ)です。

「髪にツヤがない…」を解決する、簡単にツヤ髪にする方法。男性も必見!

女性なら誰しもサラサラツヤツヤの美髪に憧れるはず。
最近は男性の美意識もグッと上がって男性もヘアケアに力を入れている時代です。女性は負けていられません!

ショップにはたくさんのヘアケアグッズが並んでいます。
ありすぎて何を使えばいいのか…どれが自分の髪質に合っているのか…そう思う方はたくさんいるのではないでしょうか?
SNSなどで紹介されている良さげなトリートメントを使ってみても、紹介していたモデルさんのようなサラサラツヤツヤ髪とはまるで違う…高いお金を出したのにガッカリ…なんて思いをしたことがある方多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、髪をキレイにしたい方に是非試していただきたい!超オススメアイテムから、知らず知らずのうちにやってしまってるNGケアお金をかけずに今のケアに少し気をつけるだけでできちゃうヘアケアのポイントを紹介します。
是非参考にしてみてください!

髪が傷む原因

シャンプー

女性がシャワーを浴びて髪を洗うことの背面図 - シャンプー ストックフォトと画像

髪をきれいにするはずのシャンプーがダメージの原因になっているなんて驚きですよね!
実は、市販の多くのシャンプーに含まれている界面活性剤という成分は食器用洗剤にも含まれている強力な洗浄成分なんです。食器用洗剤を薄めたもので髪の毛を洗っているようなもの…髪の毛に必要な栄養成分やカラーも剥ぎ落としてしまいます。
それだけでなく、強力な洗浄成分は皮膚や頭皮の乾燥にも繋がります。

また、髪の表面にあるキューティクルは髪が濡れると開く性質があり、キューティクルが開いている髪はとてもデリケートな状態なんです。
そんな状態でシャンプー剤を無理やりゴシゴシ泡立てると摩擦でキューティクルが傷ついてダメージの原因に繋がります。
アミノ酸系の優しい洗浄成分で、頭皮を優しく揉み込むように洗ってあげましょう!

栄養成分100%◎オススメのアミノ酸系洗浄成分のPiMシャンプーの詳細はコチラをご覧下さい!
↓↓↓
【シャンプー迷子の方必須!】現役美容師が本気でおすすめするPiMシャンプーって?


紫外線

女の手と太陽 - 紫外線 ストックフォトと画像

お肌同様、髪も紫外線の影響を受けます。
日差しによってキューティクルが損傷し、潤いのないパサパサの髪に…またカラーの褪色も早くなってしまいます。
なんと、長期的に見ると白髪が増える原因にもなるんです!

季節に関わらず、紫外線の影響を受けやすい髪は日焼け対策が必須です!
トリートメントオイルやUVスプレーなどで髪を紫外線から守りましょう。


パーマやカラー

ヘアカーラー - パーマ ストックフォトと画像

パーマやカラーをする時、薬剤を髪に浸透させるために一度キューティクルを剥がします。キューティクルを剥がすということはツヤが失われて髪が傷みやすくなるということです。
特にブリーチや縮毛矯正はダメージが大きいので注意しましょう!


アイロンやコテの熱

日本女性の美しさ - ヘアアイロン ストックフォトと画像

髪は熱に弱く、アイロンやコテの熱で髪が傷んでしまします。
高温の熱は髪のタンパク質を壊してしまい、髪が固くなったりします。しかも、壊れてしまったタンパク質はもう元には戻りません…たった1回の高温のアイロンで髪が傷みきってしまうなんで悲しいですよね。

大切な髪を守るために、適切なアイロンやコテの温度を知っておかなくちゃいけません!
オススメしているアイロンやコテの温度は140°です!
もちろん、温度は低ければ低いほど良いのですが、低すぎると髪に熱が届かずスタイリングにかなり時間がかかりストレスですよね…?
スムーズにスタイリングが可能&髪に優しい温度が140°ということです。
普段180°くらいでアイロンやコテを使っている方からすると「本当に140°でアイロンできるの?」と思うかもしれませんが、慣れてしまえば全然140°でもしっかりアイロンできます!
私自身も美容師になる前は180°〜200°でアイロンしていました…今思えばゾッとします。
140°で慣れてしまえば、全く何の問題もなしです!

また、アイロンやコテは必ず!髪の毛が乾いた状態で使用して下さい。
髪が濡れている状態だと必要な水分まで一緒に蒸発させてしまうので、髪がパサパサになり、髪が傷んでしまいます。


自然乾燥

白で孤立したきれいな長い髪に触れる若い女性の背面図 - 濡れた髪 ストックフォトと画像

髪は濡れている状態だと、キューティクルが開きデリケートな状態なのでダメージしやすくなってしまいます。
乾かさずに寝てしまうと、枕との摩擦でキューティクルの方向が乱れて髪がゴワゴワになってしまいます。
それだけなく、濡れたままだと頭皮に雑菌がわきやすくなるなど、頭皮にも髪にも悪いことしかありません。
ドライヤーによるダメージと自然乾燥によるダメージだと圧倒的に自然乾燥によるダメージの方が大きいです!
お風呂上がりはなるべく早く髪を乾かすようにしましょう!


正しいシャンプートリートメントの方法

シャンプーの方法

浴室でシャンプー若いアジアの女性 - シャンプー ストックフォトと画像

  1. シャンプーの前にブラッシングする
    シャンプーの前に粗目のブラシで軽くブラッシングをしましょう。
    ポイントは優しく毛先〜根本の順にブラッシングすることです!
    やってしまいがちなのですが、いきなり根本からブラッシングすると毛先が絡まりやすくなり、そのまま無理やりとかすと切れ毛や抜け毛の原因になってしまいます。
    髪は濡れた状態だととてもデリケートな状態なので予洗いする前にブラッシングしておきましょう。
  2. 髪と頭皮を十分に予洗いする
    実は、髪と頭皮の汚れのほとんどは予洗いで落とすことができます!
    2〜3分程じっくり時間をかけてしっかり予洗いしてあげましょう。そうすることで、シャンプーの泡立ちもスムーズになります。
  3. シャンプー剤を手のひらで泡立てる
    シャンプーはそのまま頭に付けるのではなく、手のひらで泡立ててからシャンプーしましょう!
    そのまま頭で泡立てると、髪に摩擦がかかってしまって髪が傷んだり、すすいだ後も地肌にシャンプー剤が残ってしまったりします。
    手のひらで泡立てた後、髪と頭皮にまんべんなく広げていきましょう。
  4. 頭皮を洗う
    頭皮を洗う時は絶対に爪を立てず、指の腹で優しくマッサージするように洗いましょう。
    髪を洗うというより頭皮を洗う!そんなイメージです!
    スタイリング剤を付けていたりすると泡が立たないことがあると思います…そんな時は二度洗いすれば泡が立つので試してみてください。
  5. すすぎ残しのないようにしっかり洗い流す
    地肌から毛先までしっかりとすすぎ残しがないように洗い流しましょう!
    シャンプーのすすぎ残しは毛穴のつまりの原因や、肌荒れの原因にもなるので、頭皮はもちろん身体や顔についたシャンプーもしっかりとすすぎましょう。

トリートメントの方法

お客様の髪には reconditioned - トリートメント ストックフォトと画像

  1. 髪の水気を切る
    髪に水分を含みすぎているとトリートメントの浸透が悪くなるのでシャンプーの後はしっかりと水気を切りましょう。
  2. トリートメントを付ける
    髪の中間から毛先にトリートメントを付けましょう!根本にトリートメントを付けると毛穴詰まりの原因になるので注意です。
    3〜5分くらい時間をおくと髪に浸透してトリートメントの効果がアップするので、時間がある時や髪のダメージやパサつきが気になる時は是非試してみてください。
  3. すすぎ残しのないようしっかり洗い流す
    トリートメントのヌルつきがなくなるまでしっかりと洗い流しましょう。
    トリートメントの流し残しは毛穴のつまりや肌荒れの原因にもなるので注意です!

シャンプーの選び方

疑問符の付いたベクターバブル。質問アイコンは白で区切られています。 - はてな 点のイラスト素材/クリップアート素材/マンガ素材/アイコン素材

「自分の髪質に合うシャンプーってなに?」
「高いシャンプーを使ってみたけど頭皮がベタつく気がする…」
「シャンプーを変えて頭皮が痒くなった…」

このような悩みを感じたことがある方は多いのではないでしょうか?
通販でシャンプーを検索してみるとなんと100万件以上!莫大な数の中から自分の髪に合ったシャンプーを選ぶのは実際とても難しいです。

また、美容師をしていてお客様によく聞かれるのが「市販のシャンプーだったら何がオススメですか?」と言う質問…言いづらいのですが、市販のシャンプーでオススメできるシャンプーはありません…すみません。
なぜなら!市販のシャンプーの多くに含まれている石油系界面活性剤という成分は食器用洗剤にも含まれている強力な洗浄成分なんです。
食器用洗剤で髪を洗うとどうなるか…大体想像はできると思います。
必要な油分や栄養分まで洗い落としてしまって、キシキシパサパサ、引っ掛かりのある髪になる想像ができませんか…?
また市販のシャンプーには髪をきれいにするための栄養成分はたった10%以下と言われているんです…!

シャンプーは大きく分けて3つの種類に分類できます。

①アミノ酸系シャンプー
髪の成分でもあるタンパク質を構成するアミノ酸の洗浄成分を豊富に含んだアミノ酸系シャンプーは、肌にも優しくマイルドな使用感です。肌に優しい弱酸性で、髪もきしまずツヤと潤いを与えてくれます。
また、頭皮の乾燥を防ぎ、フケやかゆみを予防する効果もあります。

②高級アルコール系シャンプー
泡立ちがよく洗浄効果が高いシャンプー。さっぱりと洗いあげることができるシャンプーで、頭皮の皮脂汚れやニオイが気になる方にオススメです。
しかし、必要以上に頭皮の皮脂を洗い落としてしまうこともあるので乾燥や頭皮トラブルが起きやすいです。

③石鹸系シャンプー
人にも環境にも優しい石鹸系シャンプー。肌への刺激は少ないですがしっかりと汚れを落とすことができます。
しかし、髪がゴワつきやすいのでダメージが気になる方や女性にはあまりオススメできません。

この中で私が最もオススメなのはアミノ酸シャンプーです!
優しい洗浄力で頭皮や髪にも過度な刺激を与えず、髪にツヤと潤いを与えてくれる…そんなの良いところばかりですよね!
一つデメリットを上げるとするならば、ものによっては泡立ちが悪いこと…でも、先程正しいシャンプーの方法でお伝えした通り、予洗いをしっかりすればなんの問題もありません!

シャンプー選びに困ったら迷わずアミノ酸系シャンプーを使ってみてください!
アミノ酸系シャンプーの中でも私が愛用しているPiMシャンプーの詳細も載せておきます。
このシャンプーはアミノ酸系シャンプーの中でも栄養成分100%でコラーゲンで髪を洗っているような今までとは全く新しい感覚の最強シャンプーです。シャンプーの後のトリートメントをするのを忘れてしまうくらいシャンプーだけでサラサラの仕上がりになります!
↓↓↓
【シャンプー迷子の方必須!】現役美容師が本気でおすすめするPiMシャンプーって?


正しいドライヤーの方法

タオルドライの方法

アジアの女性は髪を乾燥させるために乾いたタオルを使用しています。シャワー後 - タオルドライ ス�トックフォトと画像

  1. タオルでしっかり水気を拭き取る
    シャンプー後はしっかりタオルで水気を拭き取りましょう。
    タオルドライをしっかりしておくことでドライヤーにかかる時間を短縮することができます。
    タオルドライする時はゴシゴシ擦るようにしてしまうと髪が傷んでしまうので、根本から毛先の順に優しくタオルでポンポンと抑えるように水気を拭き取りましょう。
  2. アウトバストリートメントを付ける
    タオルドライが終わったタイミングで、ドライヤーの熱から髪を保護してくれるアウトバストリートメントを付けましょう。
  3. コーミングする
    毛先が絡んだままだとドライヤーがしにくいので粗めのブラシで優しくコーミングしましょう。
    コーミングでアウトバストリートメントを全体に均一に広げることもできます。

ドライヤーの方法

若い女性が髪を乾かす - ドライヤー ストックフォトと画像

  1. 根本を乾かす
    髪が密集している根本から乾かしていきましょう。特に襟足辺りが乾きにくいので意識して乾かしていきましょう!
    根本を先に乾かさず毛先にドライヤーを当てていても、根本の水分が毛先におりてくるので時間がかかってしまいます。
  2. 毛先を乾かす
    根本が乾いたら、ハネやすい毛先などは少し引っ張るようにして毛先を乾かしましょう。
  3. 冷風で仕上げ
    最後に冷風で仕上げをします!
    冷風を当てると乾いていないところが冷たくなるので乾き残しに気付くこともできます。
    髪に冷風を当てることにより、キューティクルをキュッと引き締めサラサラでツヤのある髪に仕上がります。

アウトバストリートメントの重要性

ドライヤー前の髪に必ず付けてほしいのがアウトバストリートメント
ドライヤーの熱から髪を守ってくれるだけでなく、ダメージ補修や指通りも良くしてくれます。

お風呂からあがったら顔には化粧水を付けますよね!
それは顔が乾燥してしまうのを防ぐため…化粧水を付けなかった日は顔が乾燥で突っ張ってカサカサになりませんか?
化粧水を付けないなんて考えられないくらい当たり前に付けてますよね?
では、髪の毛はどうでしょう…!
化粧水の例えで言うと、アウトバストリートメントを付けずに、乾かすと髪がパサパサになる気がしませんか?
アウトバストリートメントはスキンケアで言う化粧水や乳液の役目と同じです!
ドライヤーしても髪がパサパサにならないよう保湿し、ダメージ補修をしてくれます。
毎日必ず、ドライヤーで乾かす前にはアウトバストリートメントを付けましょう!

現役美容師がオススメするアウトバストリートメントはコチラをチェックしてみてください!
↓↓↓
【話題の髪質改善!】PiMヘアエステで美しい髪の毛へ


正しいコテやアイロンの使い方

ブロンドカールのためのヘアカーリング、スタイリングとヘアスタイル。カーリングアイロン。細かい髪をボリューム。美容師用具。 - ヘアアイロン ストックフォトと画像

おでかけをするのなら必ずとも言っていいほどに必要不可欠なヘアアイロン
毎日使っている方もいるのではないでしょうか?
サラサラのストレートにする時に使う『ストレートアイロン』と巻いたりウェーブにしたりするときに使う『コテ(カールアイロン)』。正しく使っているはずなのにこんな経験をしたことがあることはないですか?

  • キシキシする
  • 髪が傷んでいる気がする
  • 指通りが悪くなった
  • 静電気がすごい
  • 時間がたつと毛先が広がってくる

このどれか1つでも該当する方は、使い方が間違っているかもしれません…(汗)

よく、私が担当したお客様から「どうやったら綺麗にアイロンできますか?」だったり「アイロンの温度は何度がいいですか?」と聞かれます。
実際に美容師がサロンでしているアイロンワークを特別に教えちゃいます!

【ヘアアイロンを使う前にすること】

  1. 髪をしっかりと乾かす
  2. ブラッシングをする
  3. ブロッキングをする

「え?そんなこと?」と思いますよね。これが結構大事なことなんです!

①髪をしっかりと乾かす
まず1つ目の「濡れたままの髪でアイロンをとおす」これをすると大変なことが…濡れたままの髪にアイロンをするとジュっいう音がしたことがないですか?
これは、水蒸気爆発といいます。爆発だなんて恐ろしいです!

では水蒸気爆発とは一体なんなのか?
水蒸気爆発とは、髪の毛の外についた水分だけでなく、髪の毛の内部の水分までもが一気に蒸発してしまう現象のことです。
髪の毛は濡れると髪の表面を覆っているキューティクルが開いてしまう性質を持っています。
開いたキューティクルでは外部からの刺激をとても受けやすい状態に…(汗)
また、髪の毛の内部の水分や栄養素が外部に抜けやすい状態でもあるのです。
乾いた状態の髪の毛にアイロンを当てた場合、キューティクルが髪の毛を守ってくれるので、表面が少し傷むくらいで髪の内部の方まではダメージを受けずに済むのです。
しかし、濡れた髪の毛にアイロンをするとキューティクルががんびらきの状態で当てるので、保護がない状態となりまともに熱が髪の毛に当たってしまうのです。恐ろしいですよね…!

水蒸気爆発が起きると髪の毛の中の細胞は破壊されてしまいます(バァーン)。
髪の毛へのダメージは計り知れないものだと言えるでしょう。
キューティクルの隙間からタンパク質が流れ出てしまい、パサツキ・きしみ・枝毛の原因となってしまいます。

絶対に濡れたままの状態でのアイロンはだめです!

②ブラッシングをする
ブラッシングをすると毛流れが整い、ヘアアイロンが使いやすくなります。
髪の毛が絡まったままアイロンを通すと、摩擦が起きて髪へのダメージにつながってしまうので、ヘアアイロン前は毛先から丁寧にブラッシングしましょう。
決して絡まっている毛先を無理やり上からブラシを通してはだめです!
無理やり通そうとすると、絡まっている髪の毛の部分に強いダメージがかかり、枝毛の原因になったり、最悪の場合はブチブチっとちぎれてしまいます…(泣)
ヘアアイロン前にブラッシングのひと手間を加えると、何度も熱をいれる必要がなくなり、ダメージを軽減することができるのでオススメです。

③ブロッキングをする
髪のいくつかの毛束に分けることをブロッキングといいます。
ヘアアイロンは髪に均一に熱を入れることで、キレイに仕上がりやすくなります。そのため、髪をいくつかの毛束に分けてヘアアイロンを通しやすくしておきましょう。
ブロッキングすることで、ヘアアイロンが通しやすくなるだけでなく、内側まで均等にヘアアイロンの熱を伝えられます。
また、多くの毛束に複数回熱を入れるよりも、ブロッキングをして丁寧に熱を入れるほうが効率が良く、スタイリングの時間の短縮にもなるのでオススメです。

【アイロンの温度って?】
「ヘアアイロンの温度が高すぎると髪が傷む」と聞いたことはありませんか?
しかし、一体どのくらいの温度でしたらいいのかわからない…という方も多いと思います。
「朝の忙しい時間に髪の毛なんてかまってられるかー!」「仕上がりが良ければそれでいい!!」と言って時短のためにアイロンを高温で髪の毛に当ててませんか?
それアウトです!(ピピーッ)

コテやアイロンの温度やアイロンの前につけるスタイリング剤などによって忙しい朝でも簡単に髪を労ることができちゃいます。
ズバリ!最高の目安の温度は140°です!
髪質や部位などにより設定温度をかえたりしたほうがいいのですが、それはめんどくさすぎる!朝の限られた時間の中でそんなに髪の毛にかまってられませんよね。

140°は髪の表面のキューティクルが耐えれる最高の温度。
それ以上にしてしまうと髪のキューティクルが開いてしまい、中の細胞や栄養成分が崩れていってしまいます。
また、アイロンの温度が10度上がるだけでカラーに影響してきてしまうんです!150度のアイロンを髪に10秒あてただけで色落ちしてしまいます…!
それを防ぐ&髪のキューティクルが耐えれる温度が140度なんです!

実際、私も美容師になる前なのですが、ボアップ本店にお客さんとして行っていました。
私はもともと髪が広がりやすい髪質で、毛先にかけてボワっとなる髪&ブリーチをしたダメージ毛でした。
指通りも悪くて毛先はすごくチリチリでそれを隠すために毎日高温のアイロンで落ち着かせてました…その時の温度はなんと220度!使ってたアイロンのMAXの温度でやってたんです!やばくないですか…(汗)

その時に、担当してくれてたスタイリストの方(現:上司)に「アイロン何度でしてる?」と聞かれて、自信満々に「220度くらいです!」と伝えたら「あ、髪の毛揚げてるね」と言われました…(笑)

クローズ アップ ホワイト バック グラウンドにめちゃめちゃ髪の不満の若いブルネットの女性の肖像画 - ダメージ毛 ストックフォトと画像

確かに考えると、みんな大好き唐揚げは180度でジューシーに揚がっちゃうんです!
私はそれ以上の熱で髪に毎日毎日アイロンをしていたなんて考えると何回焦がしていることか…!
髪のケアをしっかりと毎日していても、熱ダメージによる些細なところから髪の毛はダメージを受けているのです。
アイロンの温度をしっかりと守るだけでも髪のケアになるので、是非気を付けて使っていただけたらと思います!


正しい朝のセットの方法

若いアジアの女性は、鏡を見ています。 - スタイリング ストックフォトと画像

アイロンセットをする時の正しい方法も教えちゃいます!
「アイロンの温度は分かったけど、アイロンをする前は何もしなくていいの?」と思いましたよね?いいところをついてくれました。もちろん、あります!
髪が傷まないようにヘアアイロンを使用する前には、ヘアアイロン用のスタイリング剤を使用して髪を守りましょう!

ヘアスタイリング用のスタイリング剤には、熱から守ってくれる機能や成分が備わっていることが多いです。
保湿やダメージ補修をしながら、スタイリングを簡単にしてくれる心強いアイテムもあります!
髪の状態やセットしたいスタイルに合わせて選んだほうがいです。
ヘアアイロン用ではないスタイリング剤を使用してしまうと、アイロンによる熱でより髪が傷む場合も…しっかりと用途にあったものを使うとスタイリングしやすくなり、セットの持ちもよくなるのでぜひ参考にしてみてください!

ケア方法と一緒にダメージから守ってくれるスタイリング剤を詳しく書いている記事はこちらをチェックしてみて下さい!
↓↓↓
【髪質別】おすすめヘアケアとスタイリング方法

【NG行為】

  • 引っ張りながらする
  • 高温すぎる温度で何度も当てる
  • スプレーした上から再びアイロンを当てる

結構無意識のうちにやられている方もいるのではないでしょうか?
真っ直ぐにしようとしてついつい引っ張っちゃったり、パチン!と強く挟みながら何回もアイロンを通していたり…1番危険なのはスプレーやワックスをした後のアイロン。
アイロンやワックスにはアルコールが少し入っており、髪に少し影響を与えてしまいます。
しかし、アルコールはワックスやスプレーに含まれる様々な成分を混ぜ合わせるためには欠かせない成分です。
また、髪の水分をコントロール、つまり早く乾かせる効果があるため、スタイリングスプレーによく使われています。
ワックスやスプレーそのものに髪を乾燥させる要素があるのではなく、その外側を構成する要素が髪を乾燥させるためそれらを使ってはいけないと言うわけではないのですが、その上からアイロンを当ててしまうと、水分が飛んで乾燥してしまいパサパサになりやすくなってしまうんです…!
なので、スタイリングスプレーをするときはビシバシに決めてからしっかりとスプレーすることをオススメします。

セット力が上がるコツは、熱がしっかりと冷めたことを確認してからスプレーをすること。
髪の毛はアイロンを通してから熱が冷めるまでが1番形をキープしやすく、ヘアアイロンを使用したあとは熱が冷めるまで髪を触らないことが大切です。
しっかりとカールをつけたい時は、1度髪を巻いたあと手のひらの上で形を崩さないように熱を冷まします。
冷めたことが確認できたらその後スプレーをふり、粗めのブラシでといてみてください。
キープ力がグッと上がるのでオススメです!


特別なケアはサロンでのメンテナンスを!

ヘアーサロントリートメント - トリートメント 髪  ストックフォトと画像

特別なケア方法は、サロンで美髪に特化しているトリートメントをすることです!
家で使っているシャンプーやトリートメントは栄養成分が10〜20%しか入っていないのがほとんどなのです…!

私も、数年前まで市販のトリートメントは栄養成分がしっかり入っているから大丈夫!と思いながら使っていました。
そんな時、美容室に行ってスタッフの方と話していると「市販のトリートメントは栄養成分が10〜20%しか入っていないよ」と言われた時はびっくりしました。
その話を聞いてからは定期的にトリートメントをしていて、私が毎月している最強トリートメントが髪質改善PiMトリートメントです!

髪質改善ピムトリートメントとは、髪の毛に必要な成分の『タンパク質・油分・水分・キューティクルケア』が全部入っています!
他のトリートメントに比べると吸着率は290倍もあり、繰り返しすることで持続力が160%UPしてくれます!
髪のダメージ部分にアミノ酸を定着させていき、続けるうちに定着力が増してどんどん髪質がキレイになっていきます。

髪質改善PiMトリートメントの工程は4ステップあります。

①オイルケラチンを塗布
栄養補給しながら髪の毛内部に定着させます。
浸透性をが高く毛髪を補修・保湿するアミノ酸と大きなダメージ部分を補修する分子量の大きなケラチンやプロテインの大きな毛髪を作っていきます。

②PiM FIXを塗布
毛髪内の結合力を強めていきます。
フルーツ酸が毛髪を弱酸性にする事で毛髪内部を安定させ、補給した栄養分を定着させていきます。同時にセラミド質と植物オイルが髪をしなやかにし、同時にキューティクルをしなやかにしていきます。

③美髪を作るための下地を作る
セラミド質と植物オイルが毛髪の内外を潤わせます。
その後、ケアプロ超音波アイロンをして栄養を入れていきます。
ケアプロ超音波アイロンをすることでトリートメントの浸透率をあげ、内部への定着を促す効果があるんです!

④最後は潤いコートで出来上がり
従来の290倍の吸着率を持つ、キトキン・ヒアルロン酸の潤いヴェールによって、しなやかさで艷やかな手触りの良い美髪を作ります。

【こんな方にオススメ】

  • 髪に潤い、艶が欲しい方
  • 髪を柔らかく、しなやかにしたい方
  • まとまりのある髪にしたい方
  • いつものトリートメントに満足していない方

【髪質改善PiMトリートメントの効果】

  • 髪に潤いと艶が出る
  • 髪に自然なハリコシが出る
  • 毛先にまとまりが良くなる

私の髪はブリーチ毛で「髪がパサついていて潤いがほしい!」と思い、初めて髪質改善PiMトリートメントをした時は、「こんなにもさらさらになるし、手触りも良くて最高のトリートメントだ!」と、とてもびっくりしました!
髪質改善PiMトリートメントは、繰り返し行うことで効果は上がっていきますが、1回目でも違いが実感できる最強トリートメントなので、まだ体感したことない方は是非一度試してみてほしいです!


美髪を目指す方にオススメのヘアケアアイテム

ヘアケアアイテムが多数ある中で特にオススメするのは、ピムシャンプーリケラエマルジョンです!

ピムシャンプーは、モイスチャーとライトの2種類あり、両方とも栄養成分100%です!
肌と同じ弱酸性なので髪と頭皮に優しくて、高純度なコラーゲンとアミノ酸が髪に最適な洗浄と保湿をしてくれる最強シャンプーなんです!
使い続けることで修復力があがり、毎日シャンプーをする度に美しい髪に変化してくれます。

ピムシャンプーは限られた取扱店舗でしか販売していないのでレアなシャンプーです…!
栄養成分100%で「栄養だけで髪を洗う」新感覚の最強シャンプーを是非使ってみてほしいです!

  • モイスチャータイプ
    ブリーチ毛やダメージが気になる方にオススメです。
    縮毛矯正の熱ダメージやパーマの繰り返しダメージの対策に特化したシャンプーとトリートメントで髪も頭皮ケアもしてくれます。
  • ライトタイプ
    頭皮ケア成分が入っており、髪の細い方や猫っ毛の方にとてもオススメです。
    頭皮の血行を促進する植物エキスが豊富に配合されているので育毛効果あります。

もうひとつのオススメヘアケアアイテム、アウトバストリートメントのリケラエマルジョン
アイロンやドライヤーの熱ダメージから髪を守りたい方やダメージ毛の方にとてもオススメです!
更に、アウトバストリートメントだけでなくお風呂で使うインバストリートメントとしても使える万能なトリートメントです。
ミストタイプのリケラミストと一緒に使用することで更にヘアケア効果がアップします。

【インバスの使用方法】

  1. シャンプー後はできればタオルドライで水気を切ります。
  2. 500円玉大くらいの量を出して、ダメージの気になる部分(中間〜毛先)に付けて馴染ませます。
  3. 粗目のコームでコーミングして3〜5分程置いて洗い流します。
    蒸しタオルなどでターバンして放置するとさらに効果的です!

温泉でサウナを利用する方は、毛先にリケラエマルジョンを付けておくと蒸し加温状態になりとても効果的です!
アウトバスは乾かす前に毎日ですが、一週間に1回でもリケラエマルションでインバストリートメントをしてあげるととてもサラサラになってくれるので是非試してみてください。

リトルサイエンティストReKERAリケラミスト<ヘアトリートメント>200ml【ヘアサロン専売品】洗い流さないヘアトリートメントモロッカンオイル モロッカンオイル トリートメント 100ml (ヘアトリートメント・パック) 価格比較 - 価格.com さんPiM(ピム) / ヘアオイル(モノイ・ド・タヒチ)の公式商品情報|美容・化粧品情報はアットコスメ

 

リケラエマルジョン

リケラミスト

モロッカンオイル

ピムオイル

太い

細い

ダメージ

柔らかい

硬い

自分の髪には「何のアウトバストリートメントがあっているのかな?」と思っている方へ簡単に表を作ってみました!

モロッカンオイルは、ベタつかず艶のある仕上がりです。
燥や外的要因から守ってくれて乾燥している髪から硬毛の髪まで幅広くほとんどの髪質に使えます。
髪を乾かす前につけるオイルとしても使えて、エクステとの相性も抜群です!
軟毛や髪の毛が細い人はモロッカンオイルがオススメです。

【オススメポイント】

  1. どんな髪質にも!
    柔らかい髪質の方から硬い髪質の方まで使っていただけます。
    アルガンオイルとビタミンが豊富に配合されているので、使うたびに髪がまとまり指通りがよくシルクのような輝く髪に導いてくれます。
  2. いつでも使える!
    髪のコンディショニング・スタイリング・仕上げに使える万能トリートメントです!
    モロッカンオイルが一本あるだけで、ヘアケアもスタイリングもできるのでとっても便利アイテムです。
  3. ドライ時間短縮!
    素早く乾燥してドライの時間を短縮。
    ドライヤーの熱によるダメージも少なくすることができます。

ピムオイルは、自然なキューティクルの美しさをサポートする『モノイ・ド・ヒタチ』と言う希少なオイルが配合されており、軽く艷やかな仕上がりになります。
乾燥や湿気から髪の毛を守り、水分バランスを整えてくれます。
オーガニック成分であるセラミド質が乾燥しがちな髪に潤いを与え髪のおさまりを良くし、シアバターが保湿効果と紫外線による髪のダメージも保護してくれます。
香りは、ピムシャンプーのモイスチャーと同じ香りです。


よくある質問

Q. アイロンの温度は何度がいいの?
A. アイロンの適切な温度は130〜140度です!
高温度でアイロンしてしまうと髪が傷んだり、パサついたりするので、低温度でアイロン通すのがベストです。

Q. 市販のシャンプーと美容室のシャンプーの違いは何?
A. 市販のシャンプーは5〜6割が水でできていたり、洗浄力が強く髪の毛を傷めてしまう事もあります…!
また、頭皮に必要な油分まで洗い落としてしまうため、乾燥や、逆に頭皮がベタつく原因にもなるんです。
美容室のシャンプーは6〜8割が栄養成分でできているのでキメ細かく泡が立ち、その泡に栄養成分が含まれていることで髪に栄養を届けてくれます!
美容室のシャンプーを使うことでカラーやパーマも長持ちしてくれるんです!

Q. 自然乾燥はなぜ痛むの?
A. 髪が濡れた状態が長引くと、髪の表面に覆っているキューティクルが剥がれ、外部からのダメージを受けやすくなり髪が傷んでしまいます。
髪を傷ませないためにも濡れている状態の時はなるべく早くドライヤーをしてあげるのがいいんです!


まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます!
美しい髪を目指すすべての方の参考になれば嬉しいです。
美髪になるためのアイテムやポイントをしっかりおさえて、美しい髪を育てましょう!