当店の酸性縮毛矯正の特徴

このところよく聞く様になった酸性縮毛矯正、様々な種類が出ている様です。お店でも美容師の皆様と実験を繰り返し、お客様にもメニューとして提供してきましたが、実際にはカバー仕切れないケースも目にしてきました。ダメージの部分にのみ酸性の薬剤を使用したり、弱いクセ毛の部分にのみしか適合しなかったりを現場から報告を受けておりました。様々な経緯から、知り合いの美容師の友達から長年取り入れてきたエアーストレートを紹介を受けました。

酸性縮毛矯正は、通常は弱いクセ毛にしか対応出来ないという印象がありますが、当店のエアーストレートは、強いクセ毛もしっかりと伸ばしながらも、柔らかく自然に仕上がります。以下の方がリピートが多い傾向です。

酸性縮毛矯正のリピートの傾向

以下のパターンの方に非常に喜ばれます。複数回定期的に繰り返される方です。

エアーストレートのビフォーアフター
エアーストレートのビフォーアフター

 

強いクセ毛

強いクセ毛の皆様は伸びきらないという悩みがあるのでは無いでしょうか。薬剤もなかなか浸透しませんし、しばらくしたら戻ってしまったり。薬剤のパワーも必要ですが、中間や毛先の部分は既に過去のダメージの履歴があり、無理をすると傷んでしまいますから、薬剤のパワーも上げきれません。酸性のエアーストレートはその両方に働きかけます。強いクセ毛もしっかりとわかりやすく伸ばしますし、毛先のダメージ部分も経験のあるスタッフが脂質やその他の栄養をコントロールして、綺麗に伸ばしていきます。

硬い毛髪

もともと硬い髪の方が劇的にやらかい髪に変化させる。凄く嬉しいですよね。ここには絶対の自信があります。硬い髪は髪がゴワゴワしたり、引っかかってしまい、ずっと苦労されてきたと思います。指も通りにくいですから余計にそう感じます。酸性縮毛矯正エアーストレートの後はすごく柔らかいので、髪質が変わった感覚を持たれる様です。この硬くてごわつく→柔らかくて手に吸い付くような感覚に髪質が変わります。この感覚を味わったら離れられない、と言う声もよく聞きますし、リピートしていただけます。

酸性縮毛矯正を導入した理由

エアーストレートのビフォーアフター

酸性縮毛矯正エアーストレート®︎はアイロンを使わない縮毛矯正です。数々の縮毛矯正の中からなぜこの縮毛矯正を選んでいるかをお話致します。

当店は愛媛県の松山市と新居浜市と大阪府の京橋にサロンがあります。当店では以前からくせ毛のお客様は非常に多く、従来の縮毛矯正の施術数は非常に多かったのですが、リピーター様の声を聞いていくにつれて重大な事に気がつきました。

本当は縮毛矯正をやりたくないんだけど・・・・。と言う言葉でした。くせ毛は伸びるんですが、ペタンしてしまったり、頭に髪が張り付いてしまったり・・・・・。繰り返して頂いているお客様はそう感じていた事に気が付きました。

ツヤはアイロンで、手触りはトリートメントや、ご自宅の洗い流さないトリートメントをおすすめして来ましたが、ペタンとしてしまう事については解決はどうしても出来ませんでした。縮毛矯正であるのでどうしようも無いと諦めていました。このところは髪質改善と言われる商材を色々な業者樣より紹介を受けて、美容室で講習を行い、導入してきましたが、お客様にはわかりにくい事が非常に多かったのです。

1 クセが伸びきらない
2 縮毛矯正との違いがわかりにくい
3 わかっているのだけれども、インスタグラムなどのSNSでビフォーアフターのツヤツヤの写真や、美容室で流行っている動画の見せ方の艶感ですと、クセが伸びていると勘違いしてしまい、結局縮毛矯正の方に戻ってしまう。
4 スタッフもきちんと説明していますが、クセが伸びていないと言う理由でやり直しが目立つ

スタッフは努力してもお客様のSNSの動画のイメージにはかないません。その為に考えたことは、お客様にとってわかりやすい結果です。お客様の望む事はクセを完全に伸ばしてツヤと自然に仕上げる事です。縮毛矯正をすると、いかにも縮毛矯正をしたという髪になってしまいます。お客様は縮毛矯正だから仕方ないと思っている方が多いのですが、スタッフも同様に感じていました。

色々と探し続けたところ、知り合いからノンアイロン酸性縮毛矯正エアーストレートを紹介いただき試したところ、スタッフ全員が驚きました。今までの常識が吹き飛んだ瞬間でした。その時の感想は圧倒的な髪の柔らかさと、何にもつけていないような軽さと根元から自然に立ち上がる自然さの風合いでした。またダメージはほとんど感じられません。早速、導入を即決して、色々なお客様に技術の提供をはじめました。

それでは当店の酸性縮毛矯正エアーストレートを解説します

ダメージしない理由

一般的なアルカリ剤の縮毛矯正で傷んだと言う経験がある方は多いのでは無いでしょうか。アルカリ材を用いた縮毛矯正では、アルカリの力でキューティクルを膨潤させてから、毛髪を軟化させます。厳密には実際にクセ毛を伸ばすのはアイロンで伸ばします。薬剤だけではクセ毛は伸びません。

エアーストレートのビフォーアフター

エアーストレートのビフォーアフター
エアーストレートのビフォーアフター
 

薬剤の本当の役割を解説します

薬剤は髪を軟化させる役割180℃のアイロンでクセを伸ばします。

この際の毛髪を軟化(還元)する時にダメージが進みます。軟化をさせる物質(還元剤)を髪に浸透させる為に髪のキューティクルを開いて(膨潤と言う作用)軟化を進ませますが、その時にアルカリが必要になります。アルカリが直接的にダメージと言うよりも、このアルカリが働らき続けると還元し過ぎてしまいます。

その結果、必要以上に還元し過ぎてしまい、さらにダメージが進んでしまいます。理由は、アルカリは急激に働く為にコントロール出来ないからです。その為に、もともと傷んでいない毛髪も、毛先のカラーやブリーチ、自宅でのアイロンなどの過剰な熱ダメージの部分も同じ様に働いてしまいます。毛先の部分は薬剤のアルカリを弱めれば良いのですが、毛先の全ての部分が同じダメージ状態ではありません。部分により加減しなければならないのですが、物理的に不可能です。その為にダメージが進行してしまいます。全てはコントロールしきれないと言う事です。酸性だからと言ってダメージは0とは限りませんが、コントロールは出来ます。

エアーストレートのビフォーアフター

柔らかい仕上がりの理由

これもアルカリを使用しない事が要因です。残留したアルカリは、施術が終わっても進行しますので、硬化してしまいます。それに加えてエアーストレートはケラチンやコラーゲン、エラスチンなどの働らきもありますが、脂質などの特殊な結合作用により、柔らかさを出すことが出来ます。硬い毛髪でお悩みの方もこれで髪質は改善できるのでは無いでしょうか。

自然な仕上がりの理由

エアーストレートはアイロンを使用しない酸性縮毛矯正です。アイロンは毛髪を1方方向にしてしまいます。エアーストレートは毛髪の断面にした時のネジレやでこぼこを均一に丸くする施術のイメージです。その為に毛髪がネジレを起こしていた時の髪の引っ掛かりがなくなり、指通りも滑らかにしながら、クセ毛を伸ばします。ですから、根元からぺたんとなってしまったり、潰れてしまったり、張り付いてしまって不自然な違和感がないストレートに出来ます。

酸性縮毛矯正はこんな方におすすめ

エアーストレートは強いクセ毛の方にもご満足いただけます。通常は酸性縮毛矯正は弱いクセ毛やダメージ毛などに向くと言われていますが、エアーストレートは強いクセ毛や剛毛にも有効です。

他にも様々なくせ毛のお悩みを解決出来ます。お悩みの方は是非ご来店をお待ちしております。以下のリンクよりご予約をお待ちしております。

boappu 愛媛県松山店
エアーストレートのビフォーアフター

boappu 愛媛県新居浜店
エアーストレートのビフォーアフター

boappu 大阪京橋店
エアーストレートのビフォーアフター