皆さんこんにちは!
マツエクやまつ毛パーマ、パリジェンヌ、ラッシュリフトたくさんのまつ毛メニューを聞いたこと、
したことがあるのではないでしょうか。

どちらも目元を素敵に魅力的にするメニューですがそれぞれ何が違うのでしょうか。

まつ毛の負担やメリットデメリットは?
マツエクとまつ毛パーマ何が違うの?
まつ毛に負担がかかるのはどっち?
まつ毛パーマ後どのくらいでマツエクをすることができるの?
マツエクとまつ毛パーマ同時施術は可能?
などたくさんの疑問があると思います。

今回は「まつげパーマ」と「マツエク」の違いについて解説比較していきたいと思います。
これからまつげパーマとマツエクに悩んでいる方の参考になれば嬉しいです♪

ま つ げ パ ー マ 編

 

まずは今、すごく大流行中のまつげパーマについてお話ししていこうと思います。
まつげパーマはその名の通り自まつ毛にカールを当てて自まつ毛を”くるん”っとさせる施術です。
マツエクと違って自まつ毛のみでまつげを作っていくので
ナチュラルで透明感のある目元にすることができます!

 

メリット

・湿気や水に強い
・可愛い
・逆さまつげを矯正できる
・ビューラーを使う手間が省ける
・ビューラーによるまつ毛へのダメージ、切れ毛が少なくなる
・マスカラのノリがよくなり、ボリュームが出やすくなる

デメリット

・薬剤で自まつ毛がダメージする
・まつげパーマをしてから最低でも2ヶ月はマツエクをすることができない
・自まつ毛によってデザインがかぎられてしまう
・自まつ毛以上のボリュームはだせない

 


薬剤によるまつ毛へのダメージ

髪の毛と一緒で薬剤をまつ毛に使用するのでまつ毛へダメージが加わります。
ずっとまつげパーマを続けていたり、色々なサロンに行かれている方は自まつ毛が細くなってしまったり、負担がかかりすぎるので要注意です!

しっかりホームケアをしないとまつ毛パーマを繰り返しかけられない
ということにも繋がってしまいます。


まつ毛パーマをするとマツエクがしばらくできない

パーマが残っているとマツエクを2ヶ月程度つけることができません!!

 

 その理由は3つかあります。
 1・マツエクの健全な接着面ができないためです。まつ毛パーマのカールによって
   まつ毛に対してエクステをつけるグルーの接着面が確保できず
   極めてマツエクの持ちが悪くなります。
 
 2・マツエクが正常な位置での固定ができないためです。
   エクステをつける角度にも無理があり、正常な位置で固定ができないため
   マツエクにばらつきを生み、仕上がりが美しいと言えるものではなくなってしまいます。
   まつ毛を土台にエクステをつけてデザインしていくマツエクにとって、土台となるまつ毛に
   カールがかかっているということは非常に不安定な状態のまつ毛にエクステをつけることに
   なります。その状態にエクステをつけても非常に取れやすい結果になってしまいます。

 3・過剰なダメージを出してしまうためです。健全な接着面、正常な固定の位置でない
   ということはマツエクが取れてきた取れかけのマツエクと同じ状態を意味します。
   取れかけのマツエクはタオルや枕などの繊維に引っかかりやすく、物理的なダメージを
   引き起こしやすくなってしまいます。
   薬剤のレベル、放置時間などにもよりますが、少なからず薬剤でキューティクルを開いて
   カールをつけているのでそこに取れやすい無理な状態でマツエクをつけることは
   大きなデメリットと言えるでしょう。


まつ毛の長さによってデザインが限られる

マツエクのように長さを選べるわけではなく、自まつ毛の長さによって見た目が大きく変わってきます。マツエクは目尻を長くしてクールな印象に見せたり、真ん中を長くして可愛い印象に見せたりできます。それに対してまつ毛パーマは自まつ毛の長さがバラバラだったり、まつ毛が短いと仕上がりが満足いかないものになってしまうこともあります。また、まつ毛が短いとしたいデザインができない場合もあります


マツエクよりボリュームが出ない


 自まつ毛以上の太さ、長さは出ません。自まつ毛以上に盛ることは不可能なので、もっと長さ、太さが欲しい方はまつ育を一緒にするとボリュームも出てきます。まつ毛美容液を使ってまつ毛を育てる「マツ育」をしましょう。

【まつ育をしないと…】
↑美まつ毛になりたいかたはこちらの記事もご参考に♪


高頻度での施術ができない

 まつ毛パーマは進化を続けていますが、まつ毛にある程度の負担がかかることは避けられません。そのため高頻度の施術は避けたほうが無難です。高頻度でまつげパーマをかけることでまつ毛がチリチリになったり、切れてしまったりすることもあるので、一定の時間をあけるようにしましょう。また、1回まつげパーマをしたら2回目、3回目はまつ毛エクステにしてまつ毛をお休みさせてあげて、4回目はまたまつげパーマ、5回目、6回目はまつ毛エクステにしてあげる、などをするとまつ毛をいたわりながらまつ毛パーマをすることができます。


目の形、まつ毛の状態によってはすぐに取れてしまう 

目の形が左右違う場合、片方だけカールの持ちが悪くなる原因と1つとなります。
初めてまつ毛パーマをかける方まつ毛が太くて強い方は薬剤の浸透がしにくく
反対にまつ毛が細く柔らかくまつ毛にハリがない方は薬剤が浸透しやすいですが、カールの持続がありません。
まつ毛のダメージがある方、毛の主成分であるタンパク質が出ていってしまっているのでパーマがかかりにくいです

 

パーマがかかりやすくなる為に大事なのが
しっかりとしたケア】を行うことです!!
髪の毛と一緒でまつ毛にも栄養が必要です!
まつ毛美容液を使ってケアをしながらまつ毛パーマをすることが
オススメです!!

 

まつ毛パーマをした直後にまたパーマをするのは痛む原因となるので避けていただき、お日にちをあけてからかけ直すことがオススメです!!

【まつ毛に自信がない…】
↑優秀美容液!!是非ご参考に♪


デザイン

まつ毛パーマはカールの強さと、ロッドの形で仕上がりに差が出ます。
丸みの強いロッドでしっかりカールをつければ、クルンとキュートな印象に。
カーブの少ないロッドで根本から立ち上げれば、ぱっちりとしたインパクトのある目元に仕上がります。

可愛い目元にしたいならふんわりラウンドカール

 可愛らしい目元になりたいなら、キュートなラウンドカールがおすすめです。
 毛先までカールをつけて、ふんわりと仕上げます。

しっかり目立たせたいならスタンドカール


 根本からグッと立ち上げたスタンドカールなら、目力もアップします。
 丸みのあるカールはつけずに、毛先がスッと上向きになるようなデザインです。

フェミニンな目元にしたいならナチュラルカール


まつ毛パーマをしてみたいけど派手すぎるのは苦手、という方はナチュラルカールに挑戦してみてください。
フェミニンで自然な印象なので、まつ毛パーマ初心者さんにおすすめです。


まつげパーマがおすすめな人

・逆さまつげや癖がある人
・可愛い系や透明感が欲しい人
・アレルギーや目をよく擦る人
・マツエクでは思い、疲れる、違和感を感じる方
・ビューラーをあまり使いたくない方

 

まつげパーマの持続力を上げる方法

・パーマをかけてからなるべく水に濡らさない
・うつぶせで眠らない
・コーティング剤を使用する
・自まつ毛を育てる(いいまつげにすればするほどモチがいい)
・水で濡れたらドライヤーで乾かす

【まつ毛パーマ再ブーム?!?!】
↑なんで?!気になる方チェック!!


マツエク編

マツエクとは「まつげエクステンション」の略で1本の自まつ毛にエクステンションをグルー
(接着剤)で装着していく技術です。
1度装着をすると、個人差はありますすが3〜4週間ほどは目元が華やかな印象になります!
洗顔やクレンジングをしても取れません。

 

最近ではマツエクといってもたくさんの種類があり、毛のランクや形もピンからキリまであります!
今の主流は「フラットラッシュ」といって毛がフラットになっている分「軽量化」されていて軽く、接着面も普通の毛がまるいのに対して、フラットになっているので接着面積が大きく持続力もアップします!


メリット

軽くて自然なつけ心地

 エクステにはシングルラッシュとフラットラッシュがありますシングルラッシュは接着面が円形になっているものを指します。フラットラッシュは接着面が凹んでいるものを指します。接着面が凹んでいることで自まつ毛との間に隙間ができないので取れにくいです。

最近ではシングルラッシュよりフラットラッシュが主流になってきています。
フラットラッシュのほうが軽いためつけ心地もよく、自まつ毛への負担も小さいです。そして構造もシングルラッシュよりフラットラッシュのほうが持ちが良くなるようにできています


メイクをしていなくても目元が華やかになる

マスカラをしていなくてもマスカラをしているような自然なボリュームと自然な長さがでるためメイクをしていないすっぴんの状態でも目元が華やかに、メイクをしているかのように見えます。


デザインによって目元の印象を変えられる

目の真ん中のまつ毛を長くして可愛い印象に見せたり、目尻を長くして切れ長の目に見せたりすることができます。また、エクステのカール感を変えることによって派手さをなくしたり、逆に派手に見せたりタレ目に見えるようにしたりすることができます。



メイク時間の短縮

最近はマスクをしている時間が多いので目元中心にメイクしている方も多いと思います。ビューラー、マスカラの時間がマツエクにはいりません。ビューラーでまつ毛を上げるときなかなか気にいる仕上がりにならないこともあると思いますが、マツエクならその心配は不要です。いつでも何もしなくても理想の目元が作られています。

 



メイク崩れしない


マスカラを付けると汗、涙でパンダ目になってしまう
ことがあると思います。しかしマツエクはマスカラを付ける必要がないのでパンダ目になることはありません。また、ビューラーで上げたまつ毛は夜になるに連れてだんだん下がってきてしまうと思いますが、マツエクなら下がってくることはありません。いつでもパッチリとした目の印象をキープすることができます。


自まつ毛へのダメージ軽減

まつ毛に一番負担のかかる行為はビューラーです。きれいに簡単に上がるためホットビューラーを使っている方も 多いのではないでしょうか。熱とまつ毛を強く挟むことはまつ毛に大きなダメージが加わってしまいます。
次に負担のかかる行為はまつ毛パーマです。薬剤を使うのでやはりまつ毛に負担がかかってしまいます。痛めたまつ毛にはいつも以上のケアをしてあげる必要があります。

 


デメリット

マツパよりコストがかかる

本数にもよりますが、まつげパーマよりマツエクのほうが値段を高く設定しているサロンが多いと思います。たくさんつければ付けるほどコストはかかってしまいます


施術時間がかかる


こちらも本数によりますが、まつげパーマに比べると施術時間がかかってしまいます。大体100本で1時間、120本で1時間半、つけ放題で2時間設定のサロンが多いです。時間が取れない方、お急ぎの方はたくさんつけるのが難しいかもしれません。

 



クレンジングに注意が必要

 

マツエクのグルーはオイルと非常に相性が悪いです。そのためオイルクレンジングは使うことができません

もし使ってしまうとマツエクの持ちが格段に低下してしまいます。ゴシゴシこすることも、シャワーを直接顔に当ててしまう行為もマツエクの持ちを悪くさせてしまいます

マツエクをしているときはクレンジングはオイルフリーのものを使うようにしましょう。

 

例えばジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプ、シートタイプなどです。ですが、ここでご紹介したものでもオイルインのものはグルート相性が悪いので使わないほうが良いでしょう。
また、シートタイプは擦って摩擦をおこしてしうので、避けたほうが良いです。クレンジングの際は優しく、なるべくこすらないよにメイクを落としましょう。


【マツエクデザイン】

マツエクのデザインについて
マツエクのデザインは大きく分けて4つあります。

ナチュラル

 目に対してほとんどの長さを同じ長さにしてつけます。名前の通りナチュラルな目元になるので初めての方にはぴったりです。つけているかつけていないかぐらいがお好みの方には是非挑戦していただきたいです。職場があまり派手なデザインが禁止されている方にもとてもおすすめです。

キュート

 目に対して黒目あたりの真ん中を長くすることによってキュートな目元になります。縦長効果も出てくるので目を縦に長く見せたい方にはおすすめのデザインです。こちらはサロンで一番人気のデザインです。迷ったらこのデザインがおすすめですよ♪

ゴージャス

 中央から目尻まで同じ長さで付けるため一番ボリュームが出るデザインです。目を濃く、大きく見せたい方におすすめのデザインです。

セクシー

 目尻に向かって徐々に長く、横に大きく見えるスタイルです。目尻が長いのでアイライン効果も出ます。目を切れ長に見せたい方、少しタレ目っぽく見せたい方におすすめのデザインです。


また、本数、コーティング剤を付けるかつけないかによっても印象が大きく変わってきます。
一番ナチュラルで初心者の方に挑戦していただきたいのは80本、100本です。つけてるかつけてないかわからないくらいなら80本少しつけてる感がほしい方100本がおすすめです。上級者の方には120本からがおすすめです。たくさんつけても色を変えたり、長さを変えることによってナチュラルにすることもできますよ。


【夢のようなアイテムなのに…】
↑驚きの優秀アイテム!!使ってしまうと手放せない!!??

コーティング剤を付けることによって束感が出るので、今っぽい束感デザインにしたい方、マツエクをバサバサに見せたくない方はコーティング剤を使うことをおすすめします。120本、140本、160本と沢山つけてもコーティング剤を付けると持ちも良くなるし流行りのまつ毛を作ることができます。


 

カラーマツエク

最近人気なマツエクのデザインが「カラーマツエク」です。
当店でも圧倒的に大人気なのが「ブラウン」です!
ブラウンはブラックにくらべ、パキッとなりにくく、
ナチュラルに盛れるのが特徴です!

 

 

 

 

可愛いですよね!!!!!
特にブラウンのアイシャドウやコーラルメイクなどをする方はブラウンマツエクをすると馴染むのでオススメです!

まつげパーマは自まつ毛が短くてできない、、、、
でもマツエクは派手になるので苦手だ、、、
そんな方は是非1度ブラウンに挑戦してみて欲しいです!!!!

 


マツエクの持続力をアップさせる4つの方法

【まつげを触らない】

マツエクを長持ちさせるには「触らない」が一番大事です。
マツエク初心者様は、マツエクい慣れておらずマツエクを触ってしまいがちです。
なるべくまつげは触らないようにしましょう。

【クレンジングは使わない】

最近ではオイルOKなマツエクや逆にマツエクOKなクレンジングが増えてきました。
オイルフリーのものを使用するようにしましょう。
またクレンジングするときはまつげを横に擦らず、優しく落としましよう!
また、洗顔の泡をまつげに乗せて置いておくのも◎です!
またマツエクサロンに行かれたときは必ずアイシャンプーをしてもらうようにしましょう!

 

【アイシャンプーをする】

 

マツエクをする前に「アイシャンプー」ですがうちのお店にはじめてこられるかたでも多いのが「アイシャンプー」をしたことがない方が多いんです。
アイシャンプーは効果あるの?と思っている方も多いとは思いますが、アイリストからすると絶対と言っていいほどするべきだと100人中100人が答えると思います。

 

その理由は4つ!!!!》
・クレンジングでも落ちせない汚れを落とせる
・毛穴の汚れまで落とせるので育毛効果もアップ!美容液の浸透率もUP!
・まつげダニの予防になる
・しっかり汚れが取れるのでマツエクのひっつきも良くなり持続UP!

【アイシャンプーなんでしなきゃいけないの?】
↑してない方….まつ毛が…..


【マツエクをつけた日はなるべく濡らさない】

マツエクのグルーが完全に硬化するには24時間かかります最低でも5時間は水や湿気の多いところにはいかないようにしましょう。
今はマスクをつける方が多いと思います。
マスクの蒸気で外れやすくなったりするので、
つけた直後で外しても良いところだったら外しましょう

 


コーティング剤を使用する

コーティング剤を使用するのとしないとでは持続力が全然変わってきます

 

・汗、皮脂、衝撃から守ってくれる
・バラつきを整えてくれる
・リフトアップ効果で自まつ毛ごと引き上げてくれる
・トリートメント効果でマツ育にも!
・束間仕上げで可愛い目元に!

 


濡れた後乾かす

マツエクは水にも弱くなっています
お風呂から出て髪の毛を乾かすときに、ドライヤーの冷風でいいので軽く乾かしてあげると持続力も変わってくると思います!

 


スクリューブラシでこまめにブラッシングする

 

エクステが絡まっている状態だと外れやすくなるので、朝メイクやコーティング剤を塗る前、夜のお風呂から出たときにスクリューブラシで毛先をさっとコーミングするといいでしょう!
コーミングしすぎると取れやすくなるので、あくまでもマツエクの毛先をかるくとかしてくださいね。

 


自まつ毛を健康にする

数年マツエクをつけてきましたが、自まつ毛が健康な人ほど持続力もいいんです。
マツエクだから自分のまつげどうなっているか確認するのは難しですよね。
担当してくれているアイデザイナーさんからしっかりアドバイスをもらって、美容液を使うべきか、まだ大丈夫か聞いてみてください


まつパ・マツエクにおすすめな商品

オデットフェニックスカールアップコーティング/8g(1本)

 

まつパ・マツエクをしている方にお勧めしたいのが
このコーティング剤です!
コーティング剤は持続力はもちろん可愛く仕上げてくれるので
おすすめなんです。
コーティング剤を使ったことなかった方は是非使ってみて欲しいです!

 


汗、皮脂、衝撃
から守ってくれる
バラつきを整えてくれる
マツエクはリフトアップ効果で自まつ毛ごと引き上げてくれる
トリートメント効果でマツ育にも!
まつパは朝マスカラのように塗ってあげるとカチッとカールキープ
束間仕上げで可愛い目元に!


【マツエクがおすすめな人】

 

・目元を華やかにしたい方
・まつげの負担を最小限にしたい方
・まつげの長さが短く、細い人マツエクにオススメ

 


マツエクとまつげパーマの違い

マツエク

まつ毛にグルーで接着するエクステの長さやカールの強さによって本来以上の魅力を引き出すことができ、まつ毛の長さが短かったり、薄かったりしてもマツエクをすることでその魅力を得られます
また、カラーの種類もナチュラルな色からビビットな色があり、メイクに合わせたデザインにすることも可能です。流行に合わせた色、デザインにも対応できます。
しっかり強調させたいときにはブラック、ナチュラルに、自然に見せたい方はブラウン、ポイントメイクのように一部だけ目立たせたい、イベント前などにはカラーエクステがおすすめです。
デザインも付けることができるので自分のなりたい理想の目になることが可能です。

まつげパーマ

まつげパーマはマツエクと違い、自まつ毛にカールをつけます
自まつ毛にカールをつけてまつ毛本来の長さを活かすまつげパーマは、エクステのような装着するものはなく、ビューラーを使用したアイメイクのような自然にパッチリとしたナチュラルな目元にすることができます。
ビューラーのように、挟んで圧迫してまつ毛に跡をつけてカールを付けることがないので毎日のアイメイク時間を短縮することができます。


まつげパーマとマツエクの同時施術

まつげパーマとマツエクを合わせると、より目元が華やかになるイメージがあると思います。しかし、同時に施術をした場合、デメリットが4つあります

まつ毛が折れやすくなる】

 

パーマ液を使ってカールをつけた自まつ毛はダメージを受けています。そこにグルーを使ってマツエクをすると自まつ毛への負担が大きくなり、毛先が折れる、抜けやすくなる、切れ毛が増えるなどの原因に繋がります。

 

デザインが変わる

 まつげパーマはまつ毛の毛周期によってカールの持ちが良かったり悪かったりします。パーマでばらつきが出たところにマツエクを付けるとまつ毛が上がってるところもあれば下がってるところもあるので当然ばらつきが出て全体のバランスが悪くなってしまいます

 


カールが合わないから不自然な仕上がりになることがある

 マツエクにはCカール、Dカール、Jカールなどエクステに様々なカールがかかっています。まつげパーマでカールを付けるとエクステ自体のカールの角度と異なり、不自然な仕上がりになることもあります。

 

エクステが取れやすい

まつげパーマをすることで表面がコーティングされるのでツルツルと滑りやすくなっています。パーマの薬剤が残っている状態でエクステを付けることになるので、通常のマツエクの持ちより格段に持ちが悪くなります。どうしても同時に施術がしたい場合は何日か間をあけてからエクステを付けることをおすすめします。そうすることで同じ日に付けるよりも持ちが良くなりますよ。


まつげパーマからマツエクに移行したい

マツエクサロンでは基本的にパーマをかけて直ぐのマツエクはお断りする形になることもあります。それは仕上がりのデザインやクオリティ、マツエクの持ちを満足していただくことができない場合があるからです。パーマが落ちるのを待つか、まつげは3ヶ月で全て生え変わるのでそれを待ってからになります。

どうしてもパーマが落ちる前にマツエクをしたかったらまつ毛にストレートパーマをかけてカールを落としてからの施術となります。ですが同じ日にストレートパーマとマツエクをすることは持ちが非常に悪くなりますのでおすすめはできません。そしてストレートパーマをかけるのもダメージがかかってしまうのでパーマが落ちるのを待ってからマツエクをするのがおすすめです。


理想の目元にするには

理想の目元にするにはやはり《自まつ毛》が要になってきます。
とくにまつげパーマで理想のまつげにしていくのにはある程度の自まつ毛が必要です。
ではどうやってマツ育をすれば良いのか。
まず、ビューラーもパーマもせずに育毛でまつげがしっかり成長する人は数少なく、年齢が上に行くほど難しくなってきます


美容液を使用する

1番効果を発揮してくれるのが《まつげ美容液》です。
まつげ美容液を塗っている方でもたまに伸びていない方もいらっしゃいます。
まつげ美容液を使用する際、使う美容液それぞれ使い方や使用期限が全く違うんです
誤った使い方をしていると伸びないのでご注意ください!

オススメ美容液

《ラッシュアディクト》

私が何百人とお客様の目元をみてきて一番効果があったなと思うのがラッシュアディクト」です。
他にもエグータム、美容外科の美容液などお客様もたくさん色々なものを使用していましたが、ラッシュアディクトがダントツに優秀です。

ラッシュアディクト以外のものを塗っているお客様は「色素沈着」といって目元周りが黒ずんでいく現象が起きてしまっていることが多いんです。

目の周りの皮膚って薄いですよね、、、そして伸びるまつげ美容液の副作用として「色素沈着」をしてしまう成分が配合されているんです。
ですが、「ラッシュアディクト」には色素沈着する成分は一切入っておらず、綺麗に伸びてくれます


【ラッシュアディクトの使い方】

ラッシュアディクトはしっかり伸びるし、色素沈着もしない美容液ですが使い方を間違えてしまうと効果を最大限に発揮できません。以下を守って使用して実感してください!!

・使用期限は最大で6ヶ月
・開封してから3ヶ月が要
・開封して空気に触れることにより
酸化」してしまいます。
 開けたてが1番に効果を発揮してくれる
・必ず夜の洗顔後の綺麗な状態の皮膚に塗布する
・生やしたいまつげのキワにしっかり塗る
下まつげは瞬きで付着するので塗らない
・もし赤くなったり、痒くなっても血行がよくなって
 いる証拠
なので気にしなくてもOK!
 でも掻いてしまう色素沈着まつげ切れてしまうのでその場合は
 3日に1回や2日に1回
にしてみる

またラッシュアディクトは「サロン専売品」です。


サロン以外のネットに出ているのは違法商品です。
中身が入れ替えてあったり、薄められている可能性が高いのでしっかりと「正規取扱店」での購入にしましょう!

ラッシュアディクトを使用して、色素沈着したという方のほとんどが「ネット購入」でした。。。

ラッシュアディクトは¥11,000です。
この金額より低くなっている転売品にはお気をつけください!


まつげパーマではなくマツエクにする

マツエクをするとまつげがなくなるといったネガティブなイメージがまだ世の中の女性にはあります。
ですがそれは一昔前のマツエクのことで、今のマツエクは改良に改良を重ね、負担の少ないマツエクにかわっています。
ただし、まつげ細く短い毛に対して太く長いまつげをつけてしまうとNGなので、担当してくれているアイデザイナーさんと相談してまつげに負担がないものを選びましょう!

自まつ毛にパーマをかけてしまうと、自まつ毛自体に負担が大きく、だんだん細くなってしまいます
どうしてもまつげパーマでないといけない方は「ラッシュアディクト」や効果のあるマツ育をしながらのまつげパーマをお勧めします!

またマツ育中の方はマツエクがおすすめです!


まつげパーマよりマツエクがおすすめな理由

マツエクのグルーはお店にもよりますが、基本的に3週間たつと劣化して自まつ毛から取れていき、
まつげ自体も3週間〜1ヶ月ほどが毛周期ですので自まつ毛に負担を与えることはほぼありません

髪の毛も「パーマ」髪に当てるより、エクステをつけたほうが傷み具合もすくなくないですか
まつげも一緒で、まつげ自体にパーマをかけるより、エクステをつけたほうが負担が少ないんです

ですが使用するマツエクや技術者さんによっては傷んでしまうこともあるので気をつけましょう!


まつげパーマ

 


《マツエク》

【 ま と め 】

いかがでしたか?今回はマツエクとまつ毛パーマの比較をしてみました!まつ毛パーマ、マツエクどちらにも良いところがあって迷うと思います。マツエクはすっぴんでもボリュームを出したい方、まつ毛が短めな方におすすめで、まつげパーマはナチュラルに見せたい方、下がりまつ毛の方、マツエクのお手入れが大変だと思う方におすすめです。

自分の理想のデザインやなりたい目元によって合うものを選ぶことがマツエク、まつ毛パーマを楽しむコツだと思います!

マツエクかまつげパーマ、どちらにしようか悩んでいる方の参考になれば嬉しいです!!