髪の毛のエイジングについてお話しします。
「エイジング毛」という言葉はご存知でしょうか?
エイジング毛と一言でまとめていますがその種類は様々存在します。
今回はそんなエイジング毛についての解説と改善方法、ケアについて
少しでもエイジング毛に悩む方の為になればと思います。

エイジング毛とは

まず初めにエイジング毛とはどのような状態の事を指すのか説明します。

髪の毛がチリチリしてきた

年齢とともに髪の毛が乾燥しやすくなっていませんか?
乾燥とともにうねりが出だすのも特徴です。
元の髪質とは違う手触りのチリチリ感があると
エイジング毛の可能性があります。

髪の毛がまとまらない

乾燥とうねりが原因でヘアスタイルがまとまらない。
アイロンを通しても硬く乾燥している方もエイジング毛の可能性があります。

髪の毛がふわっとしない

髪のハリコシが弱くなり根本がペタッとしやすいのも
エイジング毛が原因の可能性があります。

エイジング毛になる原因について

エイジング毛の原因について説明します。

女性ホルモンの減少

産後の抜け毛の原因にもなる女性ホルモンの減少。
女性ホルモンが減少すると毛細血管をを太くするための遺伝子が減少してしまい
頭皮に栄養が行き渡りにくくなってしまいます。
その為肌のターンオーバーが乱れてしまうことが原因で抜け毛や薄毛につながってしまうことも。

水分の減少

水分を保持する役割のヒアルロン酸が年齢とともに減少してしまい
乾燥しやすい頭皮になってしまいます。
ヒアルロン酸は頭皮に潤いを与える効果があり、減少すると地肌に影響が出てしまいます。
乾燥すると頭皮の厚みがなくなっていき、髪が抜けやすくなってしまいます。

エイジング毛のよくあるお悩み

エイジング毛でのお悩みは人によって様々です。
よくあるお悩みをまとめてみました。

髪に艶がなくなってきた

水分の減少や女性ホルモンの減少により髪がパサついた状態に。
髪が生えてくる段階からスカスカな事も。

髪がうねってクセが出てきた

髪の毛の乾燥や頭皮の乾燥により
毛根の歪みが発生します。
その為今までクセがなかった方もクセ毛のような状態に。

髪が細くなってきた

頭皮の厚みがなくなることにより毛根が狭くなり細い状態で生えてきてしまうことも。
髪が細くなることにより乾燥しやすくダメージしやすい状態に。

カラーやパーマでダメージしやすくなってきた

エイジング毛になってしまうとカラーやパーマの際普段より髪が傷んでしまいます。
明るい髪色や強めのパーマをしてしまうと断毛してしまう事もあります。

エイジング毛を改善するためには

そんな色々な悩みの原因となるエイジング毛。
今までのように艶やハリコシを出す方法や、くせの対処法について説明します。

酸性縮毛矯正で改善

すでにエイジング毛で生えてきた髪の毛を改善するには酸性縮毛矯正が効果的です。
失ったタンパク質や水分を補給しながらクセを抑えてまとまりのあるツヤ髪に。
通常の縮毛矯正やストレートパーマではダメージしてしまう恐れがあり
最悪の場合よりチリチリになってしまうこともあるので注意が必要です。

アイロンを使用しないエアーストレートがオススメ

数ある酸性縮毛矯正の中でも1番のおすすめが「エアーストレート」
アイロンを使用しないので硬くなった髪も柔く水分を含んだ状態でまとまりのあるツヤ髪に。
クセも伸ばしつつ根本も自然なふわっと感を残した仕上がりがキープできます。
施術のダメージも少なくほとんどの方に施術が可能です。
ただ毛先がすでに枝毛になっている状態や水に濡らすと伸びてしまう状態の方は注意が必要です。

毛先のダメージを改善するには

エイジングにより傷みやすい状態になっている髪の毛は毛先のケアも大切です。
先ほど説明したエアーストレートと併用しサロンでのトリートメントで、栄養を補給し水分をキープしてあげましょう。
タンパク質と水分を補給することで今後のダメージ対策にもつながります。

エイジング毛のケアについて

今後エイジング毛にならないための対策やエアーストレートの仕上がりをキープするためのケアについてお話しします。

毛根から改善するには

根本的な原因に対してアプローチする為にはヒト幹細胞などでアンチエイジングする必要があります。
ただ効果は使用する幹細胞液や人によってばらつきが出るので即効性はありませんが、今後のケアとしては有効です。

エアーストレート施術後のケア

エアーストレートは半永久的に状態が続きますが施術直後の潤いや柔らかさをキープする為にはケアが必要です。
エアーストレートと同じ成分から作られたPIM濃密ヘアエステが相性が良く髪にしっかり定着します。
通常のトリートメントに比べて290倍の定着率で潤いをキープできます。
1ヶ月に1回サロンに通うことでダメージしにくい強い髪質を育てていくことも可能です。

家でのケア方法について

サロンでのケアも大切ですが家でのケアも大切です。
主に気をつけて欲しいのが使用するシャンプーです。
アミノ酸系主体のシャンプーがエイジング毛には効果的です。
アミノ酸でタンパク質を補給しつつ優しい洗浄力で髪の毛を痛めないシャンプーを選びましょう。
しっかりドライヤーで乾かすのもポイントです。

↓おすすめのシャンプーについてはこちらをご覧ください。↓
https://boappu-salon.com/archives/1284

実際のエイジング毛に対してのエアーストレート施術例