スタイリング剤には色んな種類がありどれを選べばいいか迷子になっていませんか?ヘアスタイリング剤には、なりたい髪型や髪質、髪に動きをつけたり、キープしたり、まとめやすくする役割があり、毎日のヘアセットに欠かせないアイテムですよね。そこで今回はスタイリング剤の種類とおすすめのアイテムを紹介していきますのでなりたいヘアスタイルに合ったスタイリング剤を見つけてみて下さい!また選び方なども解説するので、是非参考にしてください。

スタイリング剤の種類・役割

ジェル

ヘアジェルは粘性のあるゼリー状の水性整髪剤で、髪をハードに固定することを目的として使用されており、髪へのなじみがよく、べたつかず、ごわつかないハードなセット力で毛髪への密着性が高いです。硬くてドライな仕上がり感が得られるので、毛流れ、立ち上げでタイトにセットすることもできます。しっかり固まってキープできるため再セットができません。また、濡れ感を作りたい時やツヤをプラスしたい時にもおすすめです。

ワックス

他のスタイリング剤と比べ色んなタイプがあります。整髪力や固定力が固いものから柔らかいもの、艶を付けるものや乾いた仕上がりになるものまで種類は豊富です。ヘアワックスはシャギーやレイヤーなどのナチュラルなヘアスタイル、すなわち毛先に自然な表現ができ、固めずに柔らかなシルエットにまとめることができます。髪に適度な光沢を与え、ナチュラルなセット力があり、乱れた髪を手でも簡単に整えることでができます。髪を動かしたりセットをキープすることができ、ショートやボブの髪が短い方におすすめです。

バーム

ミツロウや天然のオイルを主成分としたスタイリング剤となっております。髪をまとめつつ濡れ感と束感とツヤを演出することができ、乾燥しにくい適度なセット力があるので自然な感じにスタイリングしたいときや保湿ケアもできる魅力的なスタイリング剤です!簡単に濡れ髪やツヤ髪をつくることができ、最近では自然な毛流れがほしいメンズにもおすすめです。ワックスに近いセット力があります!ワックスほど動きは出にくいですが、ワックスの髪が固まったりや、ベタつきが気になったり気になってる方はバームを試してみませんか?また、まき髪をキープしたい方やクセが気になり少し収めたい人におすすめです。

オイル

ヘアオイルとは、油分を主としてつくられているヘアケア剤のこと。髪に油分を補いうるおいやまとまり光沢、滑らかさ、柔軟性を与えます。セット力はほぼ無いけど、濡れ感やウェットな質感になるヘアスタイルで抜け感やこなれ感を出したいときには、ヘアオイルがぴったりです。しっとりと重さのある仕上がりになるのが特徴です。どんな長さにも使われやすいボリュームを抑えれる手軽に艶髪ができます!静電気を抑えたいときに使うのがおすすめです。

スプレー

ヘアスプレーは液状樹脂を霧状に噴射するスタイリング剤です。髪の乱れを防ぎます。主に仕上げ用として使われ、崩れやすいセットの仕上げにも良く、ツヤやマットな仕上がりを出すものや、動きを出すもの、しっかり固まるものなど種類は様々です。髪の表面に噴霧して髪型をしっかりと保持する機能のみならず、手ぐしでヘアスタイルを形成する目的や光沢や手触りを改善する目的で使用されています。巻き髪、カール、アップスタイルの仕上げにおすすめです。

ムース

ムースは、整髪成分を泡状のスタイリング剤にしたものです。シリコンにより髪に艶を与えて、柔らかく仕上がるものから、固く仕上がるものまで様々です。ヘタったパーマを復活させたい時やカールを出したい時に最適程よいツヤと軽い仕上がり髪に浸透しやすい特徴を持っているので、濡れた髪にも乾いた髪にも使えます。ストレート用・パーマ用・ダメージケア用など様々な種類があります。

スタイリング剤の選び方

なりたいヘアスタイルをセットすためや髪質に合わせてスタイリング剤を選んでいきます。

セットで選ぶ

・濡れ感            → オイル・バーム・ジェル

・エアリー            → ワックス・スプレー

・パーマ・巻き髪→ ムースワックス

・ストレート髪  → ムース・オイル

・まとめ髪 → スプレー

・前髪 → スプレー・ワックス・ジェル

髪質で選ぶ

・細い髪       → 軽めのワックス、スプレー

・太い髪       → ハードワックス、ジェル

・くせ毛       → オイル

・パサつく髪→ オイル、ボーム

タイトにしたい方にジェル

さっとなじませるだけで髪をピシッとタイトなオールバックに仕上げてくれます。髪の短いショートやボブの方におすすめです。

ショートヘアの方にワックス

髪の太い方はハードなセット力で束感を与え毛量も抑えつつ動きを出し、まとまり感があります。髪の細い方には軽めのワックスを使うと簡単にスタイリングができます。トップに高さを出すと髪の毛がペタんこになりにくくなります。

毛な流れを出したい方にバーム

毛流れが強調され束感とツヤ感も出ることによって立体感ができます。手ぐしを通すようになじませると良いです!

ウエット・濡れ感を出したい方にオイル

今トレンドのウエットで濡れ感になりたい方はオイルがおすすめです。しっとりとなめらかな質感になり大人っぽく仕上がります。髪に馴染ませるだけで理想のヘアスタイルになります!

動きを出してキープしたい方にスプレー

ワックス・スプレーはカールの動きを出しつつキープをしてくれるのですすめです。強いものから弱いものまであるので、髪質で選ぶ種類が異なります。

パーマの方にムース

パーマをしっかり出したかったり、パサついて見えがちなパーマにはムースでうるおいと束感を与えるのでおすすめです。キープ力もありパーマの仕上がりが良くなります。

スタイリング剤で髪をオシャレに決めたい方はこちら

現役美容師がオススメするスタイリング剤!

ーおすすめスタイリング剤①オイル

オイルなら今話題のtrackoil(トラックオイル)がおすすめです!種類も3種類がありそれぞれ違う特徴があります。

● track oil (トラックオイル)No1

ウエット質感を叶えながらも軽さを表現できたす。髪が軟らかい、細い、ボリュームダウンしたくない人におすすめです。

● track oil (トラックオイル)No2

軽さとまとまりある2つの表情を演出できる髪質ふつう~硬め、乾燥・ダメージ毛の人におすすめです。

 track oil (トラックオイル)No3

ニーズが安定的なしっとり質感が叶う髪が多い、硬い、まとまりにくい、乾燥・ハイダメージ毛の人におすすめです。それぞれの髪質に合わせたオイルでスタイリングしてもらうことで、なりたいスタイルが実現します。

● 目安の使用量(付属のオイルキャップで)
ショート:1〜2プッシュ
ミディアム:2〜3プッシュ
ロング:3〜4プッシュ

ーおすすめスタイリング剤②バーム

● trackバーム

優 れた保湿力は、まとまりにくい髪をしなやかでうるおいのあるヘアスタイルに整えます。また、柔らかな 束感やラフな動きといった髪の表情も自由自在。

ーおすすめスタイリング剤③スプレー

● フリーズ

素早く乾いて、スタイルをしっかり固定

スーパーハードタイプ

 

● ビーチウェーブ

ビーチでも崩れない、ツヤのある巻き髪に

グロスホールド

ーおすすめスタイリング剤④ワックス

● スーパーハードワックス

しっかりクセ付け、長時間スタイル持続

スーパーハードタイプ

ーおすすめスタイリング剤⑤ジェル

● コタスタイリング SH

硬くてシャープな束感・透明感のある艶・ウエットな質感を崩さず1日キープするスーパーハードジェルです。セット力が強く、ジェルがゴテゴテに固まらなくて自然でツヤ感を演出してくれます。スタイルを崩さずキープするハードタイプです。セットもしやすいので初心者の方にもおすすめです。

ーおすすめスタイリング剤⑥ムース

● トリエ

ウェーブスタイルをしっとりキープするスタイリングフォームです。弾力のあるウェーブを表情豊かに再現します。

最後に

美容師のおすすめスタイリング剤を紹介してきました。自分のなりたいヘアスタイルや髪型に合わせて選ぶこと、成分や香りにも注目して選ぶことが大切です。まずは自分のなりたいヘアスタイルや髪質を分析することによってよりアレンジが楽しくなることでしょう!髪に動きを出したりキープしたりするスタイリング剤は、セルフスタイリングにはなくてはならないアイテムです。種類も豊富に揃っているので、スタイリング剤選びにこだわって新しい髪型に挑戦してみましょう!