みなさんこんにちは!

 

https://www.hitachi.co.jp/kids/kinopon/kinopontown/images/sky/01/img01.jpg

 

 

 

 

もうすぐ冬がやってきますね。皆さんは冬でも紫外線対策をしているでしょうか?
夏より太陽の日差しが少ないし、日焼けもあまりしないから、と気を抜いて紫外線対策をしていない方も多いのではないでしょうか。しかし冬でも紫外線は降りそそいでいるので年中日焼け止めが必要です。

なので今回は

・紫外線の種類
・紫外線が及ぼす影響
・日焼け止めについて
・日焼け対策は夏だけ?
・日焼け止めの選び方
・おすすめの日焼け止め

についてまとめてみました!!夏でなくても年中紫外線対策は必要なのでしっかりと紫外線対策をして健康で綺麗な素肌を保ちましょう!

紫外線の種類

紫外線には地表に届く太陽光線の中で最も波長の短いもので、「UV-A」と「UV-B」があります。

《肌の奥まで届く紫外線UV-A
UV-A
UV-Bほど肌に急激に変化を与えません。紫外線に当たってすぐに肌が黒くなるというような日焼けは引き起こしにくくなっているのでUV-Bほど肌に影響はないように感じますが、近年の研究でこのUV-Aがシミやシワの原因になっていることも判明しました。UV-Aはオゾン層を通り抜けやすく、常時UV-B20倍以上も地上に降り注いでいます。肌の奥深くまで到達し、じわじわと長期間に渡り肌に悪影響を及ぼすので注意が必要です。

 

《肌を赤くする紫外線UV-B
肌が赤くなる日焼けの原因となる紫外線がUV-Bです。UV-Bはエネルギーがとても強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすので皮膚がんやシミの原因となります。
しかし波長が短いのでその分UV-Aに比べるとオゾン層や上空の雲に阻まれ、地上に達する量は全紫外線量の約10%と少量です。日常生活の中で日傘を使うなど、極力直射日光に当たらないように心がけることである程度防御することが可能です。

冬の紫外線はUV-Aが多く、肌の奥にまで届いてハリや弾力を失わせることで乾燥を引き起こす原因となります。ですので屋外にいるときはもちろん、室内にいるときでも紫外線対策をしましょう。肌へのダメージが進んで蓄積され、気付いたときにはシワやたるみが深くなっていた、乾燥がどんどん進んでいってカサカサになってしまった、ということにもなりかねないので日焼け止めを塗ったり、洗濯物を干すときは帽子をかぶるなど、簡単なことで良いのでやってみてください。そうすることで紫外線から肌を守ってくれます。1日だけではほんの少しの紫外線のダメージかもしれませんが、これを毎日重ねていくと大きなダメージになります。日々の積み重ねで良くも悪くもなるので、良い方に持っていけるようにしっかり対策をしておきましょう。

ちなみに、紫外線は目からも吸収されます。目の角膜に紫外線が入り炎症を起こすとその情報が脳に伝わって全身のメラニン産生細胞が刺激され、紫外線が当たっていなくても日焼けをしてしまいます。そして目にも良くないのでサングラスをかけたりするなど目からも紫外線を予防しましょう。サングラスをかけるのが恥ずかしい、という方も多いと思います。最近は紫外線が当たっているときだけ色が濃くなるサングラスがあります。そのようなサングラスだと日常生活でも取り入れやすいのではないでしょうか。屋内の紫外線が当たっていないところでは伊達メガネに、屋外などの紫外線が当たっているところではサングラスになるという便利なものもあるので是非活用してみてください。

 

紫外線が及ぼす影響

今まで加齢や生活習慣などが原因でかさつきやハリ不足が起きると思われていました。実はそうでもなく、原因の8割が紫外線によるものです。冬の紫外線は物質を透過しやすい特徴があるため、室内にいるときでも肌が影響を受けてしまいます。

繰り返し紫外線を浴びると外的刺激から守るために、お肌は余分な角質を溜め込む角質肥厚と呼ばれる状態になります。更に日焼けによる炎症が原因で、お肌のキメは乱れ、手触りはザラザラ、ゴワゴワになります。ダメージを受けた肌は乾燥しくすみが目立ち、化粧水の浸透、肌なじみも悪くなります。

乾燥した肌は肌本来が持っているバリア機能も低下します。汗と皮脂からできている肌表面を覆う皮脂膜と、お肌の潤いを保っている角質層によって、乾燥やホコリなどの外敵刺激から肌内部は守られていますが乾燥した角質の表面は隙間が目立ち、肌内部の水分が蒸発し、外的刺激からの影響を受けやすくなってしまいます。
バリア機能が低下することによってさらにお肌が乾燥するといったトラブルの悪循環を繰り返してしまいます。日焼けによるダメージを残さないためには徹底した保湿が大事だと言われていますのでしっかりと保湿をして日焼けのダメージを最小限に抑えましょう!また、保湿と同時に肌を冷却することも日焼けで火傷のような状態になってしまった肌のためには重要なことなので忘れずに冷やしてあげることも肌を健康な状態にするのに大切です。

 

日焼け止めについて

日焼け止めに含まれる紫外線を防ぐ成分は大きく分けて2種類あります。

《紫外線散乱剤》

物理的な仕組みで紫外線を散乱、反射させます。散乱剤(パウダー)が肌荒を均一に覆って紫外線を肌表面で反射、散乱させて紫外線の影響を防ぎます。
《メリット》
・天然の無機粉末
・肌に優しい
《デメリット》
・白浮きしやすい
・使用感を優先するとSPF15程度までしか配合できない

《紫外線吸収剤》

科学的な仕組みでエネルギーを吸収し、熱などのエネルギーに変換して紫外線が皮膚の細胞に影響を与えるのを防ぎます。
《メリット》
・透明なので白浮きしない
・少量で紫外線防止効果が高い
・きしみにくい
《デメリット》
・肌の上で化学反応が起こるので敏感肌の方には刺激になる
・血液中に取り込まれることもわかった

用途に合わせて日焼け止めを選びましょう。

また、日焼け止めのパッケージで見かけるSPF・PA・+という表示は何を示しているのかと思った方もいると思います。なのでSPF・PA・プラスの表示についてもまとめてみました!

《SPF》

SPFとは「Sun Protection Factor」の略で、UVB 防止効果を示すものです。SPFの数値は日焼け止めを塗った場合、塗らない場合に比べて何倍の紫外線を当てると、翌朝肌がかすかに赤くなるかを示しています。SPFは2〜50、さらに50以上場合は50+と表示され、数値が大きいほどその防止力が高まります。

《PA》

PAとは「protection Grade Of UVA」の略。こちらはUVAに対する防止効果を示すものです。PAはPA+〜PA++++の4段階で表示され、+が多いほど防御力が高くなります。

SPFもPAも高いものを選んでおけば安心♪と思う方も多いと思いますがちょっと待ってください。日焼け止め選びで大事なのはどのくらいの時間紫外線を浴びるか、ということです。面倒だし焼きたくないから最強のものを選んでおけばいいだろう、と思うかもしれませんが、肌のことを考えて適当に強いものを選ぶということは避けましょう。特に乾燥肌の方や敏感肌の方が最強のものを使ってしまうと肌に余計に負担がかかり、カサついたりニキビができたりするなど肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。日焼け止め選びに大切なのはTPOを考えることです。

日焼け止めの効果的な塗り方

日焼け止めの塗り方一つでも効果が変わってきます。塗るタイミングや使用量など、気を付けることがたくさんあります。日焼け止めの効果を最大限に発揮できるように正しく塗りましょう!

顔・首の塗り方

1.お使いの日焼け止めの使用量を確認して適量を手に取り、両頬・額・鼻・顎の5点に置きます。
2.両頬、鼻、額、フェイスライン、目の周りの順に中指と薬指を使って丁寧になじませます。顔の隅々までなじませたらもう一度適量を手に取り、重ね付けをします。
3.適量を手に取ったら首と襟足の数カ所に置き、軽く広くなじませてから下から上に向かってなじませます。首やデコルテは全体にリンパの流れに沿ってなじませていきましょう。首の後ろ、うなじ、デコルテも忘れずに塗ってくださいね。

体の塗り方

1.容器から直接線上に出します。
2.大きく円を描くように均一になじませます。手や足の甲、肘や膝の裏、体の側面なども塗り忘れのないように塗りましょう。
また、1日中肌を露出し、強い紫外線を浴びることが多い海やプールなどのときには重ね塗りをするなど普段より多めに日焼け止めを塗って、入念な日焼け対策をしましょう。

point!

・特に首はシワになりやすいところなので皮膚を伸ばしながら塗りましょう。
・使用量が少ないと十分な紫外線防止効果がえられません。
・汗をかいたりタオルで拭いた後などは必要に応じて塗り直してください。
・肌が濡れているときは水気を切ってから塗ってください。
・効果を保つため2〜3時間おきに塗り直してください。
・紫外線に敏感な方や日焼けしやすい肩、胸、出っ張っている額、鼻、頬骨などの部位は状況に応じて塗り直してください。

NGな塗り方

・擦り込むように軽く伸ばす
日焼け止めの白浮きが気になる、ベタつくのが嫌、もったいない、という理由で薄く伸ばしたりしていませんか?薄く伸ばしたり量をケチったりすると十分な紫外線防止効果が得られません。十分な量を塗りましょう。
・外出の直前に塗る
紫外線はガラスも透過するため家にいるときでも油断は禁物です。また、洗濯物を干すときやゴミを出しなど、ほんの少し浴びた紫外線でもダメージが蓄積されます。なので日焼け止めは出かける直前に塗らず、朝のスキンケアと一緒にするのがおすすめです。

SPFやUVも高ければ良いというものではありません。TPOに合わせて選びましょう。
・散歩やちょっとした買い物など日常生活ではSPF10〜20、PA++
・屋外での軽いスポーツやレジャーの場合はSPF30以上、PA+++
・炎天下でのお出かけやマリンスポーツなどぬはSPF50以上、PA++++

塗り直しのポイント

日焼け止めは汗や摩擦で落ちてしまうため、こまめに塗り直さないと十分な効果を発揮できません。日焼け止めの効果を持続させるには2〜3時間ごとのタイミングで塗り直すと良いでしょう。
また、夕方でも紫外線は強いのでお昼に化粧直しをした後14時頃にも塗り直しをするのがおすすめです。外出先でも塗り直せるように日焼け止めを携帯しておくのがおすすめです。

メイクの上から塗り直す方法

顔はメイクをしているため塗り直しにくいと思っている方も多いのではないでしょうか。ですが正しい方法で塗り直せば綺麗に仕上がります。ファンデーションの上からそのままミルクタイプやクリームタイプのものを重ねて塗ってしまうとメイクが崩れて汚い仕上がりになってしまいます。メイクの上から日焼け止めを塗り直す場合はパウダータイプやスプレータイプが簡単に塗り直せて便利です。ちょっとしたコツを使って綺麗に日焼け止めを塗り直しましょう。

1.顔全体に乳液やオールインワンジェルを塗ります
2.ティッシュに顔を当て、浮き・落ちかけている日焼け止めやファンデーションを取る
3.乳液やオールインワンジェルなどで保湿する
4.日焼け止め化日焼け止め効果のある下地などを塗る
5.日焼け止め効果のあるパウダーかパウダーファンデーションで軽く押さえ、仕上げる

このような塗り直し方をすることでどろどろにならず、綺麗に仕上がります。こまめに塗り直しをしてみてください。

屋内にいるときが多い場合

朝の通勤や洗濯物を干すとき、ゴミ出しに行くときなどは紫外線を浴びる時間は短いので塗り直しは3〜4時間を目安にします。SPF20〜30、PA+〜++程度の日焼け止めを使い、お昼や外出前に塗り直しましょう。屋内にいることが多い日にメイクする場合は日焼け止めや日焼け止め効果のある化粧下地とパウダーの組み合わせがおすすめです。崩れにくく、メイク直しも楽になりますよ♪

屋外にいることが多い場合

屋外に半日以上いる場合や窓の近くの屋内でも紫外線を浴びる機会が長い場合は2〜3時間を目安に塗り直しましょう。日焼け止めはSPF30、PA++〜+++程度のものが適しています。

アウトドアの場合

屋外でのレジャーやアウトドアなど、強い紫外線を浴びる時間が長い場合は汗をかいたとき、汗を拭いた後、2時間おきを目安に塗り直します。SPF30〜50、PA+++〜++++の日焼け止めがおすすめです。手足などの細かい部分にも日焼け止めを塗り、紫外線をブロックしましょう。

また、最近はコロナ禍でマスクをしていることが多いのでマスク焼けをしてしまうこともあります。マスクをしているから日焼け止めを塗らなくても良いと思っている方!もしかしたらマスク焼けしているかもしれません。マスクをしていても頬骨の部分は高いのでただでさえ日焼けをしやすくなっています。この部分は一番シミができやすい部分になっているのでしっかりと日焼け止めを塗って対策をしましょう。
マスクで擦れる部分は日焼け止めが取れやすくなっているのでこまめに塗り直しをしましょう。マスクと首の境目もマスク焼けが目立ってしまうこともあるので全体にムラの出ないように塗っていきましょう。

日焼け対策は夏だけでいい?

日焼け止めは夏だけでいいと思っている方、夏しか塗らない、晴れの日だけで良い、という方も多いのではないでしょうか。
紫外線は4〜5月にかけて急速に増え始め、真夏の7〜8月にピークに達します。10月を過ぎてもその量はなんと真夏の半分から4分の1程度にしか減りません。意外と1年中紫外線は強いです。
紫外線は晴れている日や夏だけでなく、曇りや雨の日、冬でも降りそそいでいます。油断すればうっかり日焼けに繋がってしまいます。だからこそ日焼け対策は1年中行うのがベストです。日焼け止めを塗る以外にも日傘を使ったりサングラスをかけたり、防止を被ったり、紫外線対策に有効なアイテムを使って対策をしましょう!
アスファルトや雪の照り返しなどで日焼けをしてしまうこともあるので、気を抜かないようにしましょう。

日焼け止めの選び方

シミやシワの原因となる紫外線を防ぐには毎日の紫外線対策が欠かせません。毎日使うものなので自分の肌にあったものを選びたいですよね!日焼け止めにはジェル、クリーム、などのタイプがあり、使い心地や塗りやすい部位も様々です。なのでタイプごとの特徴を簡単にまとめてみました!

・ジェル
伸びがよく塗りやすいです。保湿力が高く、乾燥肌の方にもおすすめです。さらっとした使用感で塗布後のベタつきもなく、塗り直しもとても簡単です。普段使っている洗顔料や石鹸で落とすことができるものが多いので、専用のクレンジングが必要ないのでお肌に優しいものが多いのも特徴です。みずみずしい質感のジェルタイプなら体にもさっと塗りやすく、ベタつかないので携帯用として使うのもおすすめですよ。

・クリーム
UVカット効果が高いです。カバー力が高く、肌への密着度も高いのが特徴です。塗り心地はしっとりしていて崩れにくいため化粧下地としても使いやすいのも特徴です。普段使っている化粧品の代わりにUVカット効果のあるクリームタイプの日焼け止めを使えば朝のメイク時間を短縮することもできますね♪毛穴やニキビの後も目立ちにくくなります。肌にピッタリと密着するので使用後はしっかりとクレンジングをしてお肌をいたわってあげましょう。

・スプレー
手で塗りにくい部分への使用に最適です。日焼け止めを嫌がる子供にも使いやすいです。塗り直しも簡単なのでレジャーなどにも最適です。外出先で汗をかいたときにもシュッとひと吹きするだけなので携帯用にぴったりです。メイクの上から使えるものでも顔に直接スプレーできないものもあるので使用方法を必ず確認しましょう。ストッキングの上から使える便利なものもあるようなのでバタバタしがちな朝でも活躍しそうです。

・パウダー
肌に優しく、敏感肌の方でも使えます。メイク後の化粧崩れを防ぎ、メイク直しにも使えます。クリームなどと比べて成分が落ちやすいですが、2〜3時間おきに塗り直すとしっかりと紫外線をブロックできます。薄着の時期には気になるデコルテや二の腕など露出する部分にさっと使うのも簡単に日焼けケアができるのでおすすめです。

 

おすすめの日焼け止め

V3プロテクションサンスクリーン¥8,800(税込)


守る保湿!高めるハリツヤ!整える整肌!
保湿と日焼け止めが一度にできる新感覚の日焼け止めです!
1つの容器に2つのサン保護機能を搭載しています。
柔らかいテクスチャーで日焼け止めとは思えないようなつけ心地!なのにお肌をしっかり紫外線からガードしてくれるとっても便利な日焼け止めです!

1つは日焼け止めのための優秀下地、デュアルシナジークリームです。
紫外線のダメージを集中的にブロックします!紫外線による肌ダメージに着目し、シミ、シワ、メラニン活性などの光老化の原因にアプローチ。クリームに含まれるアディポゾール2000(特許成分)がUVストレスにより減少した※アディポネクチンを供給し、紫外線によるお肌の老化を防止!
※アディポネクチン・・・コラーゲンが8倍に増加します。コラーゲンをサポートし、うるおい続ける肌に導きます。

さらに保湿による乾燥対策も一緒にしてくれる優れものです!
5種類のヒアルロン酸が、水分が必要な角層の隅々に浸透し、水分蒸発を防ぎ、隙間なく保存します。理想的な肌状態を保ちます。
そして肌のコンディションを整える3種のベタイン、パンテノール、スクワラン、アンチエイジング効果のある3種類のツボクサエキス、ダイズエキス、7種類の濃縮ハーブが配合されています。

《ベタイン》
天然保湿因子とアミノ酸を配合しています。肌への親和に優れ、整肌にも優れています。

《パンテノール》
豊富な水分配合能力で乾燥を防いで肌を柔らかくします。

《スクワラン》
保湿成分で肌荒れ防止に優れています。

《ツボクサエキス》
肌のコンディションを整えます。

《ダイズエキス》
女性をサポートするイソフラボンを含む成分です。水分を長時間保持することができ、乾燥からお肌を守ります。

《7種類の濃縮ハーブエキス》
VOSソリューションにも配合された濃縮ハーブでさっぱりした仕上がりです。

2つ目は徹底的にテクスチャーにこだわった日焼け止め、シカサンクリームSPF++++です。
強力な紫外線(UV)予防効果(SPF++++)に加え、強い抗酸化力で知られるスーパーハーブのCICAのツボクサエキスを10000ppm配合。天然酵母の1つでビタミン、ミネラルが豊富に含まれるガラクトミセス培養液も含まれており、透明感のある明るいお肌へと導いてくれます。さらに、抗菌・抗ニキビ・肌の鎮静、保湿、皮膚調節に優れた7種の混合エキスの働きで、健康的な素肌づくりを支えてくれる超優秀な美容クリームです。

《シカケア》
肌を乾燥から守ります。
傷の治癒に使用されるマデカソルの主な原料で、外部の有害物質の浸透を防ぎ、血液循環を助けると知られています。

《ガラクトミセス培養液》
天然酵母の1つでビタミン、ミネラルが豊富です。潤いにより透明感のある明るいお肌に仕上げます。

保湿、整肌に優れた7種の混合エキスで抗菌、抗ニキビ、肌の鎮静、保湿皮脂調整活性に優れた製薬混合エキスも配合されています。

《ご使用方法》
①洗顔後、クリームを使用するタイミングでシナジークリーム2プッシュをまんべんなく伸ばします。
②その後シカサンクリームを2プッシュ顔にたっぷり叩き伸ばします。
③手のひら全体で肌に密着させます。

2プッシュずつ使用で約50日使用可能です。

 

V3ボディプロテクションサンスクリーン(ボディ用クリーム)¥5,500(税込)
内容量100ml SPF50 PA++++


世に初めてお目見えするシナジーアディクトボールを抱いたボディ用サンクリーム!お肌を優しく包み、紫外線はしっかり防ぐ、お肌のために開発される本格的日焼け止めです!保湿ケアをしながら肌のツヤ、キメを整え、さらに美白効果まであります!
塗り心地に優れたさっぱりミルキータイプのサンミルク製品で日焼け止めの効果はもちろん、様々な有害な光老化を誘発する紫外線を強力にカットします。ベタつくことなくしっとりとした肌に仕上げます。

この日焼け止めには様々な美容成分が入っています。

①シナジーアディクトボール
世界初の紫外線予防カプセルにより光老化を予防し、紫外線による紅斑や肌への刺激を緩和させ、成分を安全に肌に届けます。シナジーアディクトボールの中にはアディポゾール2000とピンクビタミンが入っています。
ピンクビタミンとはビタミンBと呼ばれる成分で体内では補酵素として働くピンク色の成分で、健康や美肌にも関係が深いビタミンです。化粧水、乳液、美容液、保湿クリームなどに保湿成分として配合されます。またシアノコバラミンは暗紅色素材としてチークや口紅などの化粧品に含まれる場合もあります。

②アディポゾール2000
アディポゾール2000は複合ペプチドでアディポネクチンを増加させる効果があります。アディポネクチンが増加すると光老化を抑制し、コラーゲン増加や保湿効果を高めてくれます。 アディポゾールを配合することで、オートファジー活性により、弱くなった細胞を自ら掃除してくれたり、炎症を抑えてくれたり、老化促進酵素の減少により、コラーゲンを維持する働きがあります。 通常の日焼け止めだけではできなかったUVケアをカバーしてくれます。

③肌鎮静特許原料のカムグリーン
緑茶、アップルミント、タイムの3種類の緑葉エキスを配合した鎮静特許原料です。

緑茶(茶葉エキス)
抗菌や抗酸化作用があるためニキビケアの化粧品に使用されています。消臭効果があるため、消臭製品にも利用されています。

アップルミント
抗酸化作用や殺菌作用があります。また、主要成分の中にピペリテノンオキシドという薬効成分が含まれています。

タイム
タイムの抗菌効果はハーブの中でもトップクラスだと言われています。

④6種類の高分子・中分子・低分子のヒアルロン酸を配合
日焼け止めなのに潤い、なめらかな感触のお肌へ導きます。乾燥したお肌より潤ったお肌の方が確実に日焼けしにくくなります。

その他成分

ツボクサエキス
ツボクサエキスが最も得意としているのが肌荒れの予防です。トラが傷を癒やすために体を擦り付けていたという言い伝えがあるように、ツボクサエキスは肌荒れの予防に働く成分が含まれています。

タカサブロウエキス(カンレンソウ)
和漢では薄毛や白髪の対策に用いられており、アーユルヴェーダではブリンガラージ(髪の支配者)と呼ばれ、毛髪の成長を助ける素材とされています。解毒効果と抗菌効果に優れた成分です。

ワサビノキ趣旨油(モリンガシードオイル)
モリンガの種から搾油することができる植物性の希少油脂です。クレオパトラも愛用したと言われる高性能エキスで、化粧品用途として非常に優秀で肌への刺激が少なく、角質を柔らかくすることで有名なオレイン酸を多く含むほか、肌への浸透率が高くモリンガオイルに含まれる豊富な栄養素を直接肌へ届ける役割を果たすパルミチン酸の脂肪酸も豊富に含まれています。

たくさん美容成分が入っていて嬉しいですね♪私もこの日焼け止めを使っているのですが、日焼け止め特有の嫌な匂いもしないし、あのベタつく感じもないのでとても使いやすいです。さらっとみずみずしいのでどの季節でも使うことができます。しっかりと紫外線を防いでくれるので、きちんとこまめに塗り直して使い方を守ると色も黒くなりにくいし赤くなったりもしにくかったです。使いながら保湿やスキンケアができる点も私がお気に入りの理由の一つです。

《ご使用方法》
①適量をお肌の露出している部分に広げます。
②お肌にクリームがしっかり馴染むまで伸ばします。

紫外線が特に強い日や気になる日は重ね付けをしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

肌の老化をストップさせる方法の一つが紫外線対策です。紫外線による影響は夏だけだといったイメージが強いかもしれませんが、どんな季節でも紫外線は降りそそいでいます。健康的な肌作るには日々の積み重ねが大切です。シミやくすみといった肌トラブルを防ぐために一年中紫外線予防が重要になってきます。エイジングケアも兼ねて日焼け止めやUV効果のあるアイテムを取り入れて、美しい肌を保ちましょう。これからの冬に備えて保湿力の高い、低刺激タイプのものを見つけて取り入れてみてくださいね♪