みなさんこんにちは!
突然ですがブリーチと黒染めにはかなり深い関係があるのってご存知でしたか?

黒染めをしていたけどブリーチしたい、ブリーチしたけど黒染めしたい、など様々なお悩みがあると思います。
そこで今回はブリーチと黒染めの密接な関係性の解説をしていきたいと思います!

黒染めとは

黒染めとは、実は髪の毛に直接黒の色素を入れているのではなく、赤や黄色、青などの染料をたっぷりと混ぜ、暗いトーンで染めることをいいます!

実際日本人の地毛は黒に見えますが、実は色素が真っ黒というわけではありません。
日本人は元々持っているユウメラニンという赤褐色の色素が多いので黒く見えるんです!
しかし、実際は濃いブラウンが集まっているから黒く見えているだけで、地毛の本当の色は濃いブラウンなんです!

人によってメラニンの量や種類が違うので地毛が少し茶色く見えることもあります。

市販の黒染めと美容室の黒染めの違い

市販の黒染めと美容室の黒染めの違いは色落ちしたときに明るくなるかならないかです。
市販の黒染めには髪の毛を黒く染めながらも明るくする成分が入っているので、地毛に使うと色落ちしたときに髪が明るくなります。
美容室の黒染めは基本、色落ちで髪の毛が明るくなることはありません。
また、髪の毛を明るくする力=ダメージにもなるので市販の黒染めのほうが圧倒的に髪の毛が痛んでしまいます、、、
また、市販の黒染めは色の調整ができないので海苔のように真っ黒になってしまうことがほとんどです!

ブリーチ前の黒染め

では黒染めしてからブリーチはできるの?きれいに色は入るの?と疑問に思う方も多いと思います。
実際に私もお客様からこの声はたくさんお聞きするのでかなりの方が疑問に思っているのではないでしょうか?

question_head_girl.png (649×800)

結論からいうとできます!

しかし、様々な条件が合うこと、美容師さんの技術がないと叶わないことは確かなので、その条件などもお伝えしていこうと思います!

髪の毛がブリーチに耐えれるか

まずはこれが一番大事です!
黒染めをしている髪の毛の場合、黒なのでいかにも健康そうな髪の毛に見えますが、黒染めの前にブリーチを何度かしている履歴がある方は注意です!一見千切れなさそうに見えますが、髪の毛を濡らしてみるとゴムのように伸びたり、顔周りがテロンテロンになっていたりと、髪の毛の限界を迎えている部分もあります。
なのでこの時点で髪の毛をどこまで明るくできるかが決まっています!本当に痛んでいる場合、1回のブリーチでちぎれる可能性もあるのでブリーチ履歴がある方は少し覚悟しておいたほうがいいかもしれません。

ブリーチをする際は過去2〜3年の間にどのようなことをしてきたのか履歴を言えるようにしておくと安心です♪

ブリーチの抜け次第で色を決める

カウンセリングの時に髪色を決めると思うのですが、正直ブリーチをしてみないとどのくらいまで抜けるかわからないので、どんな色が入るかがわからないところもあります。
なので一度ブリーチをして、その時の抜け具合、髪の毛の体力によってもう一度ブリーチをするのか、このままやめて入る色を入れるのかを決めるのがかなり重要になってきます。

無理にホワイトカラーにしようとしたりすると髪の毛が根本付近からちぎれる、なんて大惨事も起こりかねないし中途半端に色ムラができたりしてしまうので、美容師さんの判断に任せましょう!

できればブリーチは2回

黒染めからのブリーチは基本、1回で色を抜ききるのは難しいです、、、
1回のブリーチだとオレンジ味がかなり残ってしまい、色を入れても色落ちで汚くなってしまう可能性があります。
2回ブリーチすることによってベースの色のムラをできるだけなくし、色落ちしたあとでもきれいな色にすることができますよ!

もし髪の毛が持たなさそうだったら1回ブリーチをして、暗めの色を入れてあげることで色落ちもきれいになるのでおすすめです♪

最初はベージュ系のカラーにする

黒染めからのブリーチの場合、どれだけきれいにブリーチを塗っても多少は黒染めの色素が残留します。その残留は大体ベージュっぽく残るので、それに合わせたカラーをすると色落ちしたとき綺麗に1色に落ちます!

ここでベージュ系の色にしておくと次回ある程度どんな色でもできるようになるので最初はベージュ系のカラーにしておくことがかなりおすすめです!

毛先がどうしても抜けない場合はデザインカラー

黒染めをするとどうしても色素が残留して抜けにくいのは毛先です。
この場合、毛先をピンクや黒の比較的入りやすい色を入れてデザインカラーにするのがおすすめです!
ピンクや黒ならそこまでブリーチをして色を抜かなくてもきれいなデザインカラーになるのでおすすめですよ♪