こんにちは!ボアップです。
SNSなどでも何度も目にする『バレイヤージュ』と『ハイライト』。よく聞かれるのが「バレイヤージュとハイライトの違いって何?」「写真で見てもあまり違いがわからない、、」とお客様から言われることがあります。というわけで、今回は『バレイヤージュ』『ハイライト』の違いについてやカラーの種類・色落ち後などを詳しく説明していこうと思います!

バレイヤージュとハイライトの違い

まずばバレイヤージュとハイライトの違いについてお話ししていきます。

バレイヤージュ

バレイヤージュというのはフランス語で「ほうきを掃く」という意味。つまりバレイヤージュとはほうきを掃くように髪の表面にカラー剤を塗ってカラーリングしていくということなんです。もっと簡単にいうとグラデーション+ハイライトが合わさったデザインがバレイヤージュということになります。
バレイヤージュは部分的に明るい色を入れて髪に立体感を出すことで外国人のような髪に仕上がります。ハイライトの一種と言えるのですが、従来のハイライトは、表面や内側などに筋のような細い線をくっきりと全体的の入れていくのが特徴です。ですがバレイヤージュは髪の表面位部分的に明るい色を入れ、ほうきで掃くように毛先に向かって明るい色が広がっていく、そんなカラーリングです。なので、ハイライトよりカラーした部分としていないぶぶんの境目が目立たず、よりナチュラルな仕上がりになります。

    

ハイライト

ハイライトはラインを作るように束を取ってカラーをしていくイギリス発祥のカラーリング技術です。顔まわりに入れるのが特徴。ピックアップしたところをブリーチして色を抜き、その後に全体を染めるとさっきブリーチで抜いたところが綺麗に筋にように浮き上がってくるという仕組みです。そうすることで、髪全体に立体感がでて外国人のような髪型になれます。全体的に明るいトーンになるので、重くなりがちなカラーもハイライトを入れることで動きができ。軽い印象を与えることができます。一色のカラーより柔らかく落ち着いた仕上がりになるので、オフィスでも目立つことなくおしゃれを楽しむことができるカラーです。

ハイライト・バレイヤージュのメリット、デメリット

バレイヤージュのメリット

  • 髪に立体感が出る
  • 根本のプリンが目立ちにくい
  • 外国人風カラー
  • 透明感が出る
  • 地肌へのダメージが少ない

主にこの5つです。バレイヤージュは髪に立体感を出すことができるので、外国人のようなスタイルになれます。立体感+透け感も同時に手に入っちゃうので、バランスよく品のあるスタイルに仕上がります。表面にハイライトのような筋を入れるので、グラデーションより動きが出てすごく可愛いです!また、根本が伸びてもあまり目立たないので数ヶ月放置しても大丈夫!「仕事が忙しい」「家事や育児でなかなか美容室に行けない」そんな方にもとてもオススメです!根本にベタ付けでカラーもしないので、頭皮への負担も少なく、髪も明るい色を入れる場所も部分的なので、髪への負担も少ないです◎また、ストレートでも立体感が出るのでアレンジが苦手な方にもオススメです。
全体をブリーチするわけではないので、明るいかみがダメな職場や学校でも明るい部分を結んでしまえばバレることなく、おしゃれを楽しむことができます!

バレイヤージュのデメリット

  • ダメージ
  • 修正が難しい

バレイヤージュは全体のブリーチよりもちろん負担は少ないですが、明るい色を入れる部分はブリーチをします。毛先にかけて明るくなるようにするため、毛先にかけて負荷は大きくかかってきます。また、バレイヤージュは修正が難しいです。毛先にかけてと表面の筋のところをブリーチしているため、色落ちがその部分だけ早くベースのところとの差が出てしまいます。なので、今後したいスタイルも頭に入れながらスタイルを決めることが大切となります。

ハイライトのメリット

  • 髪に立体感が出る
  • 根本のプリンが目立ちにくい
  • ダメージを抑えながらハイトーンにできる
  • 透明感が出る
  • 白髪が目立ちにくい

主にこの5つです。ハイライトは髪に立体感を出すことができるので、外国人のようなスタイルになれます。立体感+ナチュラルな透け感も手に入っちゃうのでバランスが良く、品のある髪に仕上がります。また、「仕事が忙しい」「家事や育児でなかなか美容室に行けない」という悩みがある方にもとてもオススメです!全体を染めるワンカラーよりも根本のプリンの部分が目立ちにくいので、数ヶ月そのまま放置しておいても気にならない!最強すぎますよね。
全体をブリーチするわけではないので、ダメージも抑えながら明るくすることができるので、ダメージを気にしているかたにも。そしてなんとなんと!白髪も目立ちにくいという最強のメリットが。少しの白髪も目立たせたくない方の多いのではないでしょうか?そんな方は細めのハイライトをたくさん入れると白髪部分が部立たなくなり、カラーの頻度も少なくなります!

ハイライトデメリット

  • ダメージ
  • 修正が難しい

主にこの2つです。
ダメージ部分は全体のブリーチやバレイヤージュよりかはもちろん負担は少ないのですが、髪へのダメージはあります。ハイライトの多くはベース部分になるカラーと明るくするハイライトの部分の2回カラーが必要になってくるので、通常のカラーよりも倍のダメージがかあってきます。また、ハイライトはもちがよく綺麗なデザインなのですが、1度ハイライトをすると修正が難しいです。ハイライトに飽きて、「全体1色にしたい!」となった場合、ブリーチをしたハイライト部分とブリーチをしていないベースの部分にどうしても色落ちの差が出てしまうため、今後のやりたい色も頭に入れながらスタイルを決めていくことが大切となります。」

こう見てみると似ているように思う二つのデザインですが、バレイヤージュが明るいところ多く、ハイライトが暗いところが多いので、立体感とナチュラルさエレガントさが欲しい方は『バレイヤージュ』、あまり明るくなりたくないけど立体感とオシャレさ大人っぽさが欲しい方は『ハイライト』がオススメではないかと思います!

スタイル別オススメカラー

バレイヤージュ・ハイライトは長さやアレンジによって印象が違ってきます。スタイル別に合うカラーやアレンジ方法をご紹介していきたいと思います。

<バレイヤージュ編>

ショート

ショートヘアはアッシュベージュがハンサムショートと相性が抜群◎前髪もかきあげにするとさらに大人っぽさが出てかっこいいクールな印象に。クールな感じに寄りすぎたくない方はベージュ多めにすると柔らかい印象に。トップのところをフワッと動きを出してあげるとさらに立体感が出て女性らしさを演出してくれます。

ボブ

ボブヘアはアッシュグレーやグレージュ×ボブの相性が抜群です◎シンプルなストレートヘアでもバレイヤージュを入れるとオシャレな雰囲気に。動きも出やすいので、短くすると重くなりがちな方にもオススメです!
また、切りっぱなしのボブにはベージュ系のカラーが◎ベースとバレイヤージュの部分を暗めに統一することで、立体感+ナチュラルな印象になります。外ハネにスタイリングをしてあげると軽さとオシャレさが同時に手に入っちゃいます。

ミディアム

ミディアムヘアは定番のバレイヤージュのスタイルでもありますよね。ミディアム×グレージュでもミディアム×ベージュでもどんな色とも相性が抜群です!グレー系のカラーで大きくカールをつけたスタイリングにすると海外風に。少しグレージュよりにして波巻きににすると抜け感+女性らしい印象に。ベージュ系やピンク系のカラーにすると柔らかい色味になります。ミックス巻きにすると可愛らしいフェミニンな印象になります。

ロング

ロングヘア×バレイヤージュは大人の魅力を最大限に引き出してくれます。ロングも定番のグレージュやベージュはもちろん、ピンクやパープル系にすると可愛らいい中に大人っぽさが。オリーブ系にするとマットアッシュ感が出てこなれ度MAX!ロングのバレイヤージュはかきあげとの相性が良いです!
スタイリングはそのままおろしていても動きが出るのでとても可愛いです。マキは緩く巻いてあげるとフワッと女性らしさが、強めにガッツリ巻くと海外セレブのような雰囲気に!また、まとめて結ぶだけでも動きが出るので、どんなスタイリングをしてもオシャレになれちゃいます。

<ハイライト編>

ショート

ショートヘアはベージュや白っぽいグレーを合わせると◎前髪なしのマニッシュショートやコジュニショートなどに合わせるとクールで大人っぽい印象に。ベースの部分を暗くすることで動くができパッと目を引く涼しいスタイルになります。風が吹くたびに髪が揺れてとっても可愛いですよ。スタイリッシュに決めたい方にオススメです!

ボブ

ボブヘアはベージュやオリーブなど柔らかい色のからーがオススメ。顔まわりにレイヤーを入れたスタイルとハイライトを合わせると良いです!ぱつっとボブではなく、奥行き・動き・くびれがあるボブとの相性が良いです。外ハネに巻いてあげるとよりオシャレ度がUPし、みんなとの差をつけることができます!

ミディアム

ミディアムヘアは細めのアッシュグレーで入れたハイライトがオススメです。ミディアムヘアはぱつっとさせたスタイルでも、ちょいウルフよりのスタイルでもどっちでも行けちゃう万能の長さ。ナチュラルな巻きでウェーブをつけてあげると、より立体感が加わり、トレンド感を醸し出してくれます。ストレートでも可愛いので、ハイライト初心者の方も挑戦しやすいスタイルです。

ロング

ロングヘアはハイライトど定番のスタイルです。ストレートでもウェーブでも両方可愛いロングヘア×ハイライトは大人っぽい印象にしてくれます。アッシュグレーかベージュがとても人気でオススメです。ベースは暗く、ハイライトは細めにたくさん入れるのがポイント!明るくなりすぎず、しっかりと立体感と存在感を出してくれるので、抜け感・透け感を手に入れることができます。
”裏技”   特別な日には大きめのカールで巻いてあげるとエレガントで華やかなスタイルに!

まとめ

いかがだったでしょうか?バレイヤージュとハイライトについてお話ししてみました。
ハイライトとバレイヤージュは「立体感が欲しい」「軽やかさ・華やかさが欲しい」「透明感が欲しい」など様々な悩みに答えてくれるカラーなのではないでしょうか?
あなたにあったスタイルを見つけて失敗しないオーダーの仕方をマスターしておきましょう!次回の美容院ではワンランク上のオシャレを楽しむことができるはず。一緒に叶えましょう!お会いできる日を楽しみにしています!