はじめに

みなさんこんにちは!12月に入ってから急激に寒くなってきましたね!
寒さを感じると冬がきてるのをすごく実感するのと同時にワクワクしませんか?なんといったって冬はクリスマスやお正月など楽しいイベントがたくさん!その機会に久々に会う友達や遠出をすることも多いのではないでしょうか?
そんな時にカラーやヘアスタイルをおしゃれでいたくないですか?「え!すごく可愛い!」「綺麗になったね!・可愛くなったね!」と彼氏や久しぶりに会った友人、親戚の方などに言われたくないですか?
今回は『冬におすすめのヘアカラー&ヘアスタイル』を現役美容師がご紹介いたします!オシャレに可愛くなってイベントを全力で楽しみましょう!

【2022年】トレンドヘアカラーはこれ!!

2022年秋冬の注目のヘアカラーは「深みがあり少しくすんだ色味のベイクドカラー」がオススメです。ベイクドカラーとは「ベイク=焼く」という意味があり、焼いたお菓子のようなくすんだカラーの事。ヘアカラーに取り入れるだけですぐに秋冬モードになれちゃいます!

華やかな色味で染めたいけれど、原色やパステルカラーは気恥ずかしい・・・。という方は多いのではないでしょうか?
ベイクドカラーは程よく落ち着いたカラーで、派手になりすぎないところがポイントです。
また、日本人に多いイエローベースの肌色にもベイクドカラーは馴染みやすく、メイクなどと合わせてもとても相性が良いということが流行りの理由です。
それらをふまえて、今年の秋冬カラーは「くすみ」と「深み」に注目していきましょう!

くすみとは、グレーがかったような、色彩をぼかしたような色合いをさします。具体的には、グレーとベージュのような色がぴったりですね!最近大人気のグレージュカラーは、グレーとベージュの間のカラーなので両方のいいところを取り入れることができるので、イエベ・ブルベさん両方の方にとてもおすすめのカラーです。
くすみ系カラーを使えば髪の毛の赤みを抑えてくれ、透け感を出すことができるというメリットがあります。

深みのある色とは、彩度が高く明暗は暗めの色味のことです。深みがあることによって暗めのカラーでも重たく見えず、ツヤ感や今どきっぽさ、自然の髪色に仕上げてくれます!
「深みのあるカラーが似合うかわからない…。」と思う方もいるのいるのではないでしょうか?大丈夫です!
最近流行りのカーキアッシュというカラーはくすみと深みの良さを両方の良さを合わせ持ったカラーなので、アッシュのくすみで大人っぽく見せてくれるのはもちろん、カーキの持つ柔らかさで大人っぽさの中に可愛らしさがチラチラっと見えてすっごく可愛いんです!

このくすみと深みを掛け合わせた色が、トレンドカラーだと言われています。
どんな色味でもくすみや深みを出すことができるので、色味は自分の好きなカラーや可愛いカラーで楽しんじゃいましょう!
トレンドを少し取り入れるだけで雰囲気やイメージをガラッと変えることができます。最先端でおしゃれをもっと楽しんじゃいましょう!

それでは、2022年秋冬のトレンドカラーを紹介します。注目の髪色一覧とそのポイントを解説していきますので、美容室でのオーダー・カウンセリングなどにご活用ください。

ブリーチなしカラー

『ナチュラルアッシュブラウン』

今季のアッシュ系ヘアカラーは、暗めで深いブラウンベージュのアッシュが人気です。
ナチュラルアッシュブラウンは、くすみすぎないナチュラルな寒色系のブラウンカラーです。ブラウンをベースにしているため顔色が悪く見えるようなことがなく、肌の色も綺麗に見える髪色になっています。
ナチュラルアッシュブラウンが色落ちすると、ブラウンカラーになります。比較的長持ちしやすいヘアカラーだと言えます。

*ポイント
・くすみ過ぎないナチュラルな寒色系のブラウン
・ブリーチなし
・肌の色が綺麗に見える
・色味が比較的長持ちしやすいヘアカラー

『モカブラウン』

ツヤと透明感がある赤みを出し過ぎないブラウンが人気です。
モカブラウンは、赤みっぽくなり過ぎない艶やかな茶色ベースの髪色です。少し寒色っぽさもあるので、暗めのブラウンカラーでも透明感があって重たく見えないのがポイントです。
ブラウンベースなので肌の色が綺麗に見えるのも特徴の一つです。
モカブラウンは色持ちの良いヘアカラーで色落ちした後は、自然なブラウンになります。また、ブリーチしなくてもできるカラーですので、髪のダメージが心配な方にもオススメです!

*ポイント
・ブラウンベースなので肌の色が綺麗に見える
・赤みっぽくなり過ぎない艶やかなブラウンベースの髪色
・透明感があって重たく見えない
・ブリーチしなくても可能なカラー

『グレージュカラー』

今や定番化している大人気のグレージュは、グレー特有のくすみ感が、髪の赤みを抑えながら秋冬のトレンド感をアップしてくれます。
明るめ・暗めで大きく印象は変わるのはもちろんの事、グレーとベージュのどちらを多くするかによっても、イメージが大きく変わります。
グレーベースなら透け感アップで、ベージュの割合を増やせば、繊細な柔らかさを表現できます。ニュアンス感たっぷりのグレージュで、自分にハマる秋冬カラーを楽しみましょう!

*ポイント
・グレー多めで赤みをしっかり抑えられる
・ベージュ多めで重たくなり過ぎずおしゃれに見える
・ブリーチなしでも可能
・透明感アップ
・色落ちが綺麗に抜けてくれる

『ブルーブラック』

名前の通り、黒と青を混ぜたカラーであるブルーブラック。
ブラックに寒色のブルーが混ざるので、凛とした雰囲気の色味になるのが特徴です。
ツヤ感、透明感が出るので重たく見えないのが嬉しいですね!その上ツヤ感や透明感もキープできるため、ダメージが気になる方にもオススメです。
ベースが暗めの髪色の上から染めると、色も長持ちし根本がプリンになりにくいので学校での規則がある方や職場でのカラーのトーンが決められている方などにとてもおすすめです!

*ポイント
・ツヤ感、透明感で重く見えづらい
・色落ちがグレーに落ちてくれる
・韓国感アップ
・職場、学校でバレにくい

ブリーチなしカラーは日本人特有の赤み色素を消すとよりグッと透明感を出してくれやすいです!アッシュは赤みを消してくれる効果があるので、「くすみ」「深み」を出すには抜群にいいです!

ブリーチありカラー

『ラベンダーカラー』

ブリーチ一回でできるラベンダーピンク。
ラベンダーにピンク、アッシュなどの寒色を混ぜ合わせたヘアカラーで、深みと透明感のある可愛い髪色でブルベの方には肌馴染みもよく、女性らしさと儚さを演出してくれます。
色落ち後もラベンダーベージュに落ちていくので、色落ちも楽しむことができ、とてもおすすめのカラーです!

*ポイント
・ブリーチ一回でできるカラー
・アッシュ系を混ぜているので透明感抜群
・色落ちがラベンダーベージュに落ちてくれるので一度で二度楽しめる

『ミルクティーカラー』

ブリーチ1〜2回でできるミルクティーカラー。
ハイトーンの定番カラーですよね。ミルクティーのまろやかな色味で、初めてハイトーンに挑戦する方や明るいのが好きな方などにオススメのカラーです!
色落ち後もジワーっとミルクがあるような感じに抜けていき、ハイトーンのベースができているので次の髪色にも支障が出ません!

✻ポイント
・ブリーチ1〜2回のカラー
・ハイトーン好きさんにオススメ
・次のカラーに支障が出ない

『シルバーカラー』

冬の定番とハイトーンといえばシルバーカラー。1〜2回はブリーチが必要です。
シルバーカラーは肌の色が少し明るく見え、外人さんのような大人っぽい雰囲気になることができます!大人っぽくなりたい方や、外人さんのようなハイトーンをしたい方にオススメです。

✻ポイント

・ブリーチ1〜2回(明るさや抜け具合によって変わってきます)
・大人っぽい雰囲気
・外人さんのようなカラー

冬にあうカラーは色々とあります。どれにしようか迷いますよね!自分の好きなカラーを見つけて楽しんじゃいましょう!

秋冬に人気のデザインカラー

いつものカラーにワンポイントを加えたい!
そんな方におすすめなのが、今注目を集めているデザインカラーなんです!
デザインカラーは、実はかなりたくさんの種類があります。トレンドやブームが変わる度にどんどん増えているので、チェックしておきたいところです。
デザインカラーとは複数の色やトーンの違いを利用して髪に立体感や動きをつけて「デザインを楽しむ」というヘアスタイルです。
これから種類ごとの特徴や魅力、おすすめスタイルを紹介していきます。

『インナーカラー』

最近とてもよく聞くインナーカラー。
インナーカラーとは、外側のベースの髪色は変えずに内側の髪色だけを変えるカラーのことです。
外側の髪色とのコントラストが魅力的なため、内側のみブリーチして明るくするのが一般的です。
インナーの入れ方で耳にかけた時や、後ろにくくる時に染めた箇所が見えないようにすることも可能ですのでブリーチに抵抗ある方、オフィスや学校で髪色が厳しい方も取り入れやすいのが最大のポイントです。
今は前髪、顔周りに入れる『フェイスフレーミング』というインナーカラーが流行ってます。
ミルクティーベージュや、グレージュ、オレンジとの相性が抜群によくて、顔周りにもってくると顔色がぱっと明るくやわらかい印象になって韓国風な仕上がりに♪
インナー部分に自分だけのカラーを取り入れて楽しんでみませんか?

オレンジインナー

グレージュインナー

ミルクティーベージュ

『裾カラー(毛先カラー)』

毛先にのみ派手なカラーを入れる裾カラー。毛先だけをブリーチしてカラーを入れるのが一般的です。
そんな裾カラーは、ハイトーンカラー初心者さんや一定の期間しか染められない方におすすめです!
「夏休みの間に染めたい!」や「イベントの時だけ推しのカラーにしたい!」といったすぐに色を戻さないといけない場合でも毛先だけカットすれば染める手間がかからないので、短期間だけ楽しみたい方などにとてもおすすめです!
派手に赤や青、ピンクなど原色系のカラーなどとてもおすすめです!
思いっきりカラーを楽しんで最高の思い出を作りましょう!

ハイトーングレージュ&ブルー

ブロンド&ピンク

黒&

『グラデーションカラー』

グラデーションは名前の通り、毛先にかけて明るくジュワーっとなるようにブリーチをしたいれるデザインカラーです。
そんなグラデーションカラーは外国人風なスタイルや大人っぽいスタイルが好きな方にとてもおすすめです!
グラデーションは根本から中間くらいまでの部分は地毛に近いくらい暗めにトーンを落としていきます。
そこでとてもいいメリットが!根本部分が伸びてきても全然目立たないんです!
なので、忙しい主婦の方や美容室に行く時間がない方などにとてもおすすめで、メンテナンスも3ヶ月に1回ほど!最強のコスパです!
おしゃれに可愛くそして長くカラーを長持ちさせませんか?

グレーカラー

ピンクカラー

ベージュカラー

 

パーソナルカラー別オススメカラー

ここまで人気なカラーをご紹介してきましたが、よく聞くパーソナルカラーによっても変わってきたりします。パーソナルカラーに合わせると明るい印象に見えたり、垢抜け感を出すことができます!しかし、パーソナルカラーとご自身の好きなカラーは一緒とは限りません…。気になる方は参考にしていただけたらと思います!

ブルベさん

ブルベさんの特徴は
・肌は繊細で透明感がある(ピンクや青みを帯びている)
・地毛の色が赤みやブラウンやグレーよりの黒
・髪質は柔らかい
・目の色が茶色より
・血管が青い

そんなブルベさんは暖色系より寒色系のブルーやグレー、アッシュなどがお似合いです。くすんだカラーや柔らかな色味がよく、ダークトーンをベースにしたカラーがオススメです。

ブリーチなしカラー
暗めが好きな方はブルーやグレーなどを混ぜ合わせてブルーブラックやブルージュ、グレージュなどもとても人気のカラーです。学生さんや職場での制限があったりする方などにおすすめです!

ブルーブラック

ブルージュカラー

グレージュ

ハイトーンさんはアッシュやスモーキーカラー、明るいグレージュやブルー強めのブルーブラックも人気でおすすめのカラーです。ブリーチをすることによって赤みがなくなりより透明感を出しやすくなります。

スモーキーカラー

グレージュカラー

ブルーブラック

冬や雪を連想してくれるようなくすみカラー。くすみ系のカラーは大人っぽく見せてくれ、透明感も出してくれるカラーなので髪も同時に綺麗に見せてくれるという万能カラーなんです!
ブルベさんはもともと肌の色は白い方なのですが、寒色系いすることによってより白く綺麗に見せることができます。
最近流行りのオリーブグレーなども可愛くて、大人っぽくも女の子らしさも出してくれる最強カラーです!

イエベさん

イエベさんの特徴は
・肌はつやがあり黄色味がかかっている
・地毛の色はブラウン〜ダークブラウン
・髪質は少し硬め〜硬い
・瞳の色はダークブラウン
・血管が緑っぽい

そんなイエベさんは寒色系より暖色系のブラウンやオレンジ、ピンクなどがよく似合い、くすんだ色よりはっきりとした色味の方がオススメのカラーです!
暗めのカラーが好きな方はオレンジブラウンやピンクブラウンなど色味もあり、かつ、ブラウンを混ぜると柔らかい印象を与えてくれるので明るく華やかなイメージに見せることができます!

オレンジベージュ

 

ハイトーン好きな方はミルクティーベージュやカーキベージュ、ピンクベージュなどベージュの中にほんのりと春や秋らしさを感じさせる色味がオススメです!
イエベさんはベージュとの相性が抜群にいいので、明るく元気な印象にも見えプラスで女の子らしさや女性らしさを演出することができます。
イエベでもブルベでも紹介せれてたカーキベージュは両方に相性がよく人気のカラーで、カーキをどのくらい強めに入れたりするかによって印象やイメージが変わるので、自分のしたいイメージに合わせて色の強さを美容師さんと相談してみるといいと思います!

冬のカラーに合うメイク・ファッション(ブルベ・イエベ別)

冬にあうメイクとファッションも一緒にご紹介していきたいと思います。

メイク

今年の冬のトレンドメイクは、
・赤みの入ったレッドブラウン
・パープルやピンクなどの鮮やかなアクセントカラー
・定番のレッドカラー
です!
2022年・2023年は人気なのは華やかでゴージャスな雰囲気です!とくにキラキラとしたツヤ感をプラスさせるパールやラメが入ったアイシャドウはぜひ取り入れたいところです。
また、アクセントカラーに挑戦してみるのもいいかもしれません。寒い冬も色を入れてあげることで華やかに明るい印象を与えることができるのでオススメです。
そしてそして!定番のレッドカラーは絶対に取り入れたいところ。口元に置いてグロスなどでツヤをだすことで主張しすぎず、儚さを演出してくれてとっても可愛いです!
今年の冬はぜひ何か一つ取り入れてみてください。印象がグッと変わるかも!

ブルベさんに合うメイク

ブルベ肌タイプと相性がいいのは、肌と同じように青みを帯びたカラーや寒色系の色味です。
冬メイクのトレンドカラーはパープル、ラベンダーなどをチェックしておきましょう!取り入れることで、ブルベ肌特有の透明感とクールで洗練された雰囲気を魅力的に見せてくれます!目元にもってくることで、おしゃれな品の良さと色っぽさを演出してくれるので、とてもおすすめです!
また、ローズやピンクやネイビー、バーガンディなど肌とコントラストコントラストがくっきりと現れるような濃いめの色合いも単色づかいなどにし、グラデーションを作ってあげるとピンクカラー特有の奥行きと立体感を楽しむことができます。
ネイビーも知的な雰囲気を持つブルベさんにぴったり!まつ毛のキワを縁取るように濃いめに入れてみても◎。鮮やかに色づくネイビーは目尻にのみアクセントとしてもおいてもとても可愛いです!ブラックのアイライナーと、明日からで引き締めればクールで洗練された大人な女性になります。
よりシックに決めたい方は、パールやラメが含まれたアイシャドウを選んでみてください!

イエベさんに合うメイク

イエベ肌タイプと相性がいいのは、黄色みのある暖色系の色合いです。
冬メイクのトレンドカラーはブラウン系やオレンジ系のレッド、カーキやベージュなどのくすみカラーがおすすめ。
温かみのある優しいカラーは、イエベ肌タイプが持ついきいきとした健康的で明るい雰囲気を引き立ててくれます。
パープルやラベンダーといった寒色系のトレンドカラーもピンクよりの暖かみのある色合いからセレクトすれば、パッと華やかな冬メイクに仕上げられます!
目元を引き締めてクールな印象の冬メイクに仕上げたい方は、くすみカラーのひとつカーキを取り入れてみてください。
カーキのアイシャドウをまつ毛のキワにそって濃いめに入れれば、グッと奥行きのある大人の品の良さを演出してくれます!
パールやラメが含まれているものであれば、一層冬らしいエレガントな雰囲気をを作り出せます。
イエベ肌タイプは、黄色みを帯びた暖色系のカーキ色を選ぶとベストです!

パーソナルカラー別に合う冬メイクをまとめてみました。何か一つでも冬らしい色を取り入れて、今年はいつもと違う自分に出会ってみてください!

イベントシーズンに色持ちさせるには

冬はクリスマスや年越し、バレンタインデーなど楽しいイベントがたくさんあります。
そのために髪の毛を染める方も多いのではないでしょうか?
きれいな髪色で素敵なイベントを迎えたいですよね。
しかし、せっかく染めた髪の毛がイベント前に色落ちしちゃった、なんて経験はありませんか?
カラーは必ず徐々に色落ちしてきますがホームケアや日常のちょっとした意識で色持ちを良くすることができます。

「1番色落ちのスピードに関係するのはシャンプーです。」

シャンプーには洗浄成分が含まれており、洗浄成分は汚れや皮脂だけでなくカラーの染料も洗い流してしまいます。市販のシャンプーのほとんどが石油系界面活性剤を使用しており、これは食器用洗剤などにも使用される油汚れなども落とす強力な洗浄成分です。
カラーの色落ちを早めるだけでなく、髪の毛や頭皮に必要な成分や油分まで取り除いてしまうため髪の毛のダメージや頭皮の乾燥やトラブルを引き起こす可能性があります。
おすすめはアミノ酸系の洗浄成分を使用したシャンプーです。
人間の皮膚や髪の毛のタンパク質を構成するアミノ酸と同じ成分でできており、肌と同じ弱酸性なので髪の毛や頭皮に優しいのが特徴です。
優しい洗浄成分なのでカラーの色落ちもゆるやかです。

ブリーチを使用したハイトーンカラーの場合、カラーシャンプーを使うことでカラーの色落ちを遅らせることができます。

カラーシャンプーとはシャンプーの中にカラーの染料が含まれたシャンプーのことで、ブリーチカラー後の色落ちの嫌な黄色味を抑えてくれたり、ピンクやオレンジ系のカラーの色味を足すことができるのでカラーの色持ちを良くしてくれます。

また、カラー剤の特徴として、カラーして髪の毛に薬剤がい定着するまで48時間かかると言われています。
夏場などは丸2日間髪の毛を洗わないと言うのは厳しいと思いますが、最低でもカラー後24時間は髪の毛を洗わないほうが良いです。

次に色落ちに関係するのは日々の「アイロンの温度」です。
アイロンを使用する際の設定温度が高ければ高いほど色落ちのリスクも高くなります。
高温のアイロンで同じ箇所に長時間アイロンを当ててしまうと髪の毛が傷むだけでなくカラーもあっという間に落ちてしまいます。
アイロンの温度は140℃以上になると色落ちするという研究結果がでています。
きれいに染めた髪の毛の色を長持ちさせるためにもアイロンは140度以下で使用するよう日頃から心がけましょう。
その他にも、髪の毛を乾かさずに寝てしまったり、高温のシャワーで髪の毛を流したりしても色落ちを早めてしまうので注意しましょう。
お湯の温度は低ければ低いほど良いのですが、できれば38℃以下で髪の毛を洗うと良いでしょう。

冬の乾燥などによるケア方法

冬の外は乾燥した外気、室内では暖房によって乾燥した空気を浴びることによって肌だけでなく髪の毛も水分が失われて乾燥してしまいます。
そのためいつものケアでは物足りないと感じることがあるのではないでしょうか?
そこで、冬の乾燥や静電気に負けないキレイな髪の毛をキープするポイントを紹介します。

⑴しっとりタイプのシャンプートリートメントを使う

冬はいつも使用しているシャンプートリートメントよりしっとり重ためのタイプを使うと良いでしょう。
乾燥でパサつきやすくなっているので少し重いくらいの質感でも丁度よかったりします。
また、いつも使っているトリートメントを流す前に3~5分程度時間を置いて流すという使い方をしても良いと思います。すぐに流してしまうよりもしっとりした質感になります。

⑵洗い流さないタイプのトリートメントを使う

洗い流さないトリートメントとはドライヤーで乾かす前の濡れた髪の毛に使用するトリートメントのことで、ドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれます。
冬の乾燥が気になる時期におすすめの洗い流さないトリートメントはオイルタイプのものです。
オイルはキューティクルの外側から髪の毛を優しく守りコーティングしてくれます。そのため指通りも良くなりツヤがでてまとまりも良くなります。キューティクルもしっかり保護してコーティングしてくれるので冬の天敵、静電気も防いでくれます。
一番おすすめはクリームタイプとオイルタイプのトリートメントのダブル使いです。
クリームタイプは油分量が多くしっとりまとまりやすいという特徴があります。
また、オイルタイプやミルクタイプに比べるとトリートメントの栄養成分を内部に浸透させ留めてくれる効果があります。 
クリームタイプのトリートメントを使用した上からオイルタイプのトリートメントでコーティングしてあげると良いでしょう。

⑶髪の毛をなるべく早く乾かす

シンプルなことですが、お風呂で髪の毛を洗った後はなるべく早く乾かしましょう。
髪の毛を濡れたまま放置していると、開いたままのキューティクルの隙間から髪の毛の水分が時間をかけてどんどん奪われていきます。
ドライヤーを使って乾かした後とは違い、自然乾燥だとキューティクルがきちんと閉じられず、パサつきや乾燥だけでなく、毛先も絡まりやすく手触りもゴワゴワです。
また、髪の毛をドライヤーで乾かす前に一度ブラシで毛先の絡まりをなくしてからドライヤーするとひっかかりも少なくサラサラになります。

やってはいけないNGヘアケア方法

⑴髪の毛を濡れたまま放置する

髪の毛は濡れている状態が一番傷みやすくデリケートな状態です。

髪の毛を濡れたまま放置し、自然乾燥させてしまうとキューティクルの方向がぐちゃぐちゃになり、髪の毛がごわついてパサパサして乾燥の原因になってしまいます。

特に冬は髪の毛も乾燥しやすいので、お風呂上りは優しくタオルドライして、できるだけ早めにドライヤーで乾かすようにしましょう。ドライヤーを使って乾かせば、キューティクルを整えることもできますし、仕上げに冷風を当ててあげるとツヤを出すこともできます。

たまに、ドライヤーの熱でも髪の毛が傷むから自然乾燥の方が良いと言う意見を耳にしますが、絶対に

自然乾燥よりドライヤーで乾かした方が髪の毛にも頭皮にも良いのでしっかりと乾かして下さい。

⑵クシやブラシで髪の毛を無理やりとかす

からまっている髪の毛をクシやブラシで無理やりとかすと髪の毛が傷み、切れ毛の原因となります。

髪の毛をとかす時は、粗目のクシやブラシでひっかかりが出ないように、毛先から根本の順に絡まりをほどきながらとかすようにしましょう。

⑶シャンプーの二度洗いをする

毎日欠かせないシャンプーですが、シャンプーは原則1日1回が良いでしょう。

日中の汚れを落とすため、夜に1度シャンプーをするのがおすすめで、朝もシャワーを浴びたり、お風呂に入りたいという方は、朝髪の毛を洗う時はシャンプーをせずにシャワーで洗い流すだけにしましょう。

お湯洗いで髪の毛や頭皮のほとんどの汚れは落とすことができます。日頃のシャンプーで泡立ちが悪く2回シャンプーしないとすっきりしないと言う方は、シャンプー前の湯洗いに時間をかけてみて下さい。

多くのシャンプーに含まれている界面活性剤と言う洗浄成分が含まれています。

この界面活性剤は必要以上に使いすぎると髪の毛を傷めてしまったり、頭皮の荒れや乾燥の元になることがあるので注意しましょう。

また、シャンプーをする際に髪の毛の上で泡立ててしまうと髪の毛に摩擦が生じてキューティクルを傷める原因にもなってしまいます。手のひらで水を含ませて泡立てて髪の毛を洗うようにしましょう。

まとめ

今回は冬におすすめのヘアスタイル、ヘアカラーについてご紹介しました。いかがでしたか?
この冬にみたいヘアスタイル、ヘアカラーは見つかりましたか?
冬だからといってただ髪色を暗くするのではなく、トレンド感のある髪色で冬のオシャレを楽しんでくださいね。
寒くて辛い季節ですが、かわいい髪の毛で冬をルンルンで乗り越えましょう!